Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が2020年初頭に、ブラジルの金融機関複数との提携を発表する予定であることが「ロイター」の報道で明らかになりました。ブラジルではすでにRipple社の国際送金ネットワーク「RippleNet」の採用が進んできているため、今後は同国でリップル社の技術活用がさらに加速することになると期待されています。

こちらから読む:IBM、RippleNet・XRPの活用検討中か「Ripple/XRP」関連ニュース

「複数のブラジル金融機関」と提携予定

Ripple(リップル)社は、今年6月にラテンアメリカでの事業拡大を目指してブラジルに新しいオフィスを立ち上げたことを発表していましたが、ブラジルの「ロイター」によると、同社は2020年初頭にブラジルで複数の金融機関と提携を結ぶ予定だと伝えられています。

同社はすでに、
・Santander Brasil(サンタンデール・ブラジル)
・Banco Bradesco(ブランデスコ銀行)
・Banco Rendimento(レンディメント銀行)
と提携を結んでRippleNet(リップルネット)を用いた国際送金サービスを提供していますが、2020年にはデジタル銀行も含めた新たな金融機関との提携が複数発表される予定だと報じられています。

これらの提携の中には、送金に仮想通貨エックスアールピー(XRP)を利用するものも含まれているとされており、規制当局とも"XRPの利用"について協議を行なっていると伝えられています。

ブラジルのRipple社でCEOを務めているLuiz Antonio Sacco(ルイス・アントニオ・サッコ)氏は『金融取引促進に向けたブラジルの銀行規制は進歩を続けているため、現地でのビジネスチャンスは今後数年間で大きく成長するだろう』と語っています。

RippleNet採用が進むブラジル

ロイターの報告によると、ブラジルと他国の間で2019年1月〜11月までに行われた個人送金の合計額は46億ドル(約5,036億円)となっており、前年比で10%ほど増加しているとされています。しかしこれらの送金のほとんどは、これまで一般的に使用されていた国際送金ネットワーク「SWIFT」を介して行われていたため、送金に多くの時間がかかっていたと報告されています。

Ripple社が提供する国際送金ネットワークを採用すれば、国際送金にかかる時間やコストを大幅に削減することができるため、Ripple社と金融機関の提携が進めば、現在行われている膨大な数の国際送金を大幅に効率化することができると期待されます。

RippleNetの活用は近年ブラジルで急速に進んでおり、現在のRippleNet送金高の約30%はブラジルを介して行われていると報告されているため、2020年には同国でさらにRippleNetの採用が進むことになると予想されます。

>>「ロイター」の報道はこちら

2019年12月28日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月18日に19円台まで下落して以降は徐々に回復してきており、2019年12月28日時点では「1XRP=21.08円」で取引されています。

2019年12月14日〜2019年12月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月14日〜2019年12月28日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

Huobi Japan「口座開設・JMY年率200%貸暗号資産キャンペーン」開始

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

前澤友作氏の「MZDAO」正式スタート|初期メンバーは20万人超え

前澤友作氏の「MZDAO」正式スタート|初期メンバーは20万人超え

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

パリス・ヒルトン氏が「The Sandbox」とコラボ|メタバースイベント開催へ

パリス・ヒルトン氏が「The Sandbox」とコラボ|メタバースイベント開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す