Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が南米地域での市場拡大に向け、ブラジルに新しいオフィスを立ち上げたことが「Cointelegraph Brasil」の報道で明らかになりました。同社はラテンアメリカ地域で教育やトレーニングなども行っていくと説明されています。

こちらから読む:仮想通貨ウォレット「Switch」β版公開「Ripple/XRP」関連ニュース

ラテンアメリカ地域で「RippleNet」拡大図る

Ripple社がブラジルで新しいオフィスを立ち上げたことは、2019年6月11日〜13日(日本時間:6月11日午前9時〜14日)にかけてブラジル・サンパウロで開催されるフィンテック関連のイベント「CIAB Febraban」で正式に発表される予定だと伝えられています。

ブラジルに設立される新オフィスでは、金融機関向け保険サービスの販売などを手がけている保証サービスプロバイダー「THE WARRANTY GROUP」のブラジル子会社でCEOを務めていた経歴をもつLuiz Antonio Sacco(ルイス・アントニオ・サッコ)氏が主導して事業を展開していく予定となっており、ブラジルだけでなくラテンアメリカ地域で国際送金ネットワーク「RippleNet」の市場拡大を狙うと報じられています。

現時点で「RippleNet」に参加しているブラジルの金融機関としては、
・Santander Brasil(サンタンデール・ブラジル)
・BeeTech Global(ビーテック・グローバル)
・Banco Rendimento(レンディメント銀行)
が挙げられていますが、今後はさらに多くの銀行や金融機関が参加することになると期待されています。

具体的には、単に金融機関に対して問題解決のためのソリューションを提供するだけでなく、教育やトレーニングなども行っていく予定だとされており、2つの機関に属する15人以上の教授と協力して「法律・ビジネス・エンジニアリング」などのいくつかの分野における研究と技術開発を支援していくとされています。

Ripple社はここ数年間で「RippleNet」の規模を急速に拡大させており、今年の1月には参加している金融機関の数が「200」を超えたことも発表されています。最近では大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)や世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォームeToro(イートロ)のCEOもRipple社との提携を望んでいることを明らかにしているため、今後のRippleNetの発展にはさらに注目が集まります。

2019年6月11日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は過去30日間で2回ほど50円を超えるまで上昇しましたが、その後はすぐに下落しており、2019年6月11日時点では「1XRP=42.99円」で取引されています。

2019年5月12日〜2019年6月11日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月12日〜2019年6月11日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す