国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

by BITTIMES

国連事務総長であるAntónio Guterres(アントニオ・グテーレス)氏が『国連はブロックチェーンのような技術を受け入れる必要がある』と語ったことが「Forbes」の報道で明らかになりました。同氏は国連が掲げている"2030年までに達成すべき17の目標"である「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にこの技術が役立つと語っています。

こちらから読む:タイ政府、電子到着ビザに技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン技術の可能性を高く評価

ブロックチェーン技術は近年世界中の様々な機関で採用され始めており、企業だけでなく国家レベルのプロジェクトなどでも活用されていますが、国際連合の主要機関の一つである「国際連合事務局」で代表を務めているAntónio Guterres(アントニオ・グテーレス)氏は『国連はブロックチェーン技術を受け入れ、目標達成のために活用していく必要がある』と語ったと報告されています。

国連はデジタル化が進むこの時代で自らの任務をより良く実現するために、"持続可能な開発目標(SDGs)"の達成に役立つブロックチェーンのような技術を採用する必要があります。

グテーレス氏は以前からブロックチェーン技術の可能性を高く評価しており、昨年7月にはブロックチェーン技術を明確な課題とする「デジタル協力に関するハイレベルパネル」を立ち上げたことが明らかにされています。

国連は実際に複数のプロジェクトでブロックチェーン技術を活用し始めており、今月16日には国連機関である「国際移住機関(IOM)」が香港で移民労働者の搾取を回避することを目的としたブロックチェーンツールを共同で公開したことが明らかにされているほか、7月にはアフガニスタンの持続可能な都市開発のためのブロックチェーンソリューション開発に取り組んでいることも報告されています。

また、グテーレス氏が今回語っているように「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成するための取り組みにもブロックチェーン技術は活用され始めており、各種商品のサプライチェーン管理などにも役立てられています。

「仮想通貨」に関しては"違法行為"などでの使用が問題となっているため、依然として懐疑的な意見は多数出ていますが、その基盤技術である「ブロックチェーン技術」は今や世界中で注目されている最先端技術の一つとなっているため、2020年はさらに技術活用が進められていくことになると予想されます。

>>「Forbes」の報道はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

家具大手ニトリ:ブロックチェーン物流システム「2020年秋」にも導入へ=日経報道

家具大手ニトリ:ブロックチェーン物流システム「2020年秋」にも導入へ=日経報道

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す