国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

by BITTIMES   

国連事務総長であるAntónio Guterres(アントニオ・グテーレス)氏が『国連はブロックチェーンのような技術を受け入れる必要がある』と語ったことが「Forbes」の報道で明らかになりました。同氏は国連が掲げている"2030年までに達成すべき17の目標"である「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にこの技術が役立つと語っています。

こちらから読む:タイ政府、電子到着ビザに技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン技術の可能性を高く評価

ブロックチェーン技術は近年世界中の様々な機関で採用され始めており、企業だけでなく国家レベルのプロジェクトなどでも活用されていますが、国際連合の主要機関の一つである「国際連合事務局」で代表を務めているAntónio Guterres(アントニオ・グテーレス)氏は『国連はブロックチェーン技術を受け入れ、目標達成のために活用していく必要がある』と語ったと報告されています。

国連はデジタル化が進むこの時代で自らの任務をより良く実現するために、"持続可能な開発目標(SDGs)"の達成に役立つブロックチェーンのような技術を採用する必要があります。

グテーレス氏は以前からブロックチェーン技術の可能性を高く評価しており、昨年7月にはブロックチェーン技術を明確な課題とする「デジタル協力に関するハイレベルパネル」を立ち上げたことが明らかにされています。

国連は実際に複数のプロジェクトでブロックチェーン技術を活用し始めており、今月16日には国連機関である「国際移住機関(IOM)」が香港で移民労働者の搾取を回避することを目的としたブロックチェーンツールを共同で公開したことが明らかにされているほか、7月にはアフガニスタンの持続可能な都市開発のためのブロックチェーンソリューション開発に取り組んでいることも報告されています。

また、グテーレス氏が今回語っているように「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成するための取り組みにもブロックチェーン技術は活用され始めており、各種商品のサプライチェーン管理などにも役立てられています。

「仮想通貨」に関しては"違法行為"などでの使用が問題となっているため、依然として懐疑的な意見は多数出ていますが、その基盤技術である「ブロックチェーン技術」は今や世界中で注目されている最先端技術の一つとなっているため、2020年はさらに技術活用が進められていくことになると予想されます。

>>「Forbes」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

2019年「最も話題になった」仮想通貨取引所は?世界2,500のメディアを調査

2019年「最も話題になった」仮想通貨取引所は?世界2,500のメディアを調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す