ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

by BITTIMES

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は東アフリカの医療サービスを発展させるために、ブロックチェーン技術を活用した遠隔医療や遠隔心理療法を提供している「Doc.com」と提携すると伝えられています。同社は今後、メインネットの立ち上げや動物向けに医療サービスを提供する新しいシステムも展開していくことを予定しています。

こちらから読む:信頼できる"遠隔医療"を実現する「ブロックチェーン」の仕組み

遠隔医療・心理療法を「年中無休」で提供|Doc.com

Doccom

Doc.comは、ブロックチェーンをベースとした「遠隔医療」や「遠隔心理療法」を提供しているテック企業です。同社はスマートフォンなどの端末向けに提供されている専用アプリを使用して"医師"や"心理学者"からのアドバイスを受けることができるサービスを提供しています。

このサービスは24時間、365日いつでも無料で利用することができるようになっており、アプリはiOS、Android向けにリリースされています。またDoc.comは「Doc.com Token(MTC)」と呼ばれるトークンを導入しており、ユーザーはこの仮想通貨で関連商品のサービスの支払いを行ったり、報酬を受け取りことができるとされています。また医師も特定の条件を満たすことでこのプラットフォームから利益を得ることができるとされています。

Doc.comは、これらのサービスやトークンを利用して人々に「いつでも気軽に利用できる医療支援」を提供し、患者と医師に「win-win」の環境を提供することを目指しています。医療、診療を行う医師は認定を受けた医師であるため、患者も安心してサービスを利用することができ、スマートフォンとインターネットだけで簡単に専門医と繋がることができます。

「獣医療サービス・メインネット」立ち上げ予定

国連薬物犯罪事務所(UNODC)の東アフリカ地域事務局(ROEA)地域代表者は、今週初めに今回のパートナーシップを発表しました。報道によると、UNODCは2019年第2四半期までにこのプラットフォームをアフリカ市場に展開することを予定しています。

Doc.comは現在20カ国で事業を展開しており、最近では米国にも事務所を開設したと伝えられています。同社Webサイトの統計によると、これまでに13万人を超えるユーザーが遠隔医療サービス「Health」を利用しており、7万人近くが遠隔心理療法プラットフォーム「Emotions」を利用しているとされています。

さらに同社は、2019年第1四半期までにメインネットの立ち上げを計画しており、2019年第2四半期までに米国で「doc Pets」と呼ばれる子会社のブロックチェーンベースの獣医療サービスシステムを開始することも予定しています。

金銭的な理由や病院までの移動手段を持っていないために診療を受けることができないという人々は世界中に数多く存在しているため、Doc.comのサービスが普及すれば非常に多くの人々の命を救うことができると考えられます。ブロックチェーン技術医療業界で役立てるプロジェクトはこれまでにも数多く発表されており、これらのプロジェクトの発展には期待が高まっています。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano創設者が語る「2020年代に起きること」仮想通貨革命は序章に過ぎない

Cardano創設者が語る「2020年代に起きること」仮想通貨革命は序章に過ぎない

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへNEW

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

注目度の高い仮想通貨ニュース

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す