アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

by BITTIMES   

アメリカ・イリノイ州で、スマートコントラクトなどといったブロックチェーン技術に基づいた契約や記録が法的に認められたことが「Coindesk」の報道で明らかになりました。ブロックチェーン関連の契約を法的に認める州は米国で増加してきています。

こちらから読む:中国政府のBC技術、4月から本格稼働へ「ブロックチェーン」関連ニュース

スマートコントラクトなどの普及に期待

アメリカ・イリノイ州の下院議員であるKeith Wheeler(キース・ウィーラー)氏が後援している「Blockchain Technology Act(ブロックチェーン技術法)」が2020年1月1日に発効され、ブロックチェーン技術に基づいた契約が法的に認められるようになったことが明らかになりました。

これにより、ブロックチェーン技術やスマートコントラクトなどによって結ばれた契約は"法廷での証拠"として利用できるようになり、"紙ベースの記録"と同様に認められると伝えられています。

スマートコントラクトの技術を使用すれば、複雑な契約を自動的に処理することができるため、現在は様々な業界で手続きを自動化するためなどに活用されています。スマートコントラクトによって結ばれた契約が"正式な契約"として認められることによって、様々な業務の効率化を測ることができ、ブロックチェーン技術の普及にも繋がると期待されます。

ブロックチェーン契約を法的に認める地域は米国で増えてきており、2019年4月26日にはワシントン州で「分散型台帳技術(DLT)の法的有効性を認める関連法案」が正式に認められています。この他にもアリゾナ州やテネシー州などでも同様の報告が行われているため、今後もこのような地域は増加していくことになると予想されます。

(参照元:Coindesk

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

マインクラフト「ゲーム内コンテンツ関連のNFT作成は認められない」

マインクラフト「ゲーム内コンテンツ関連のNFT作成は認められない」

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

仮想通貨取引所Bybit「香港市場進出」を計画=報道

仮想通貨取引所Bybit「香港市場進出」を計画=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説