Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

by BITTIMES

Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が運営していることで知られる米国の仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」は、2020年1月16日に同社のコールドウォレットで保管されている資産に対して最大2億ドル(約220億円)の保険を提供する保管会社「Nakamoto(ナカモト)」を立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、Yahoo・TAOTAOと交渉開始「仮想通貨」関連ニュース

顧客資産に対し「最大2億ドルの保険」を提供

Gemini(ジェミナイ)が立ち上げた「Nakamoto(ナカモト)」は、同取引所のコールドウォレットに保管されている資産に対して最大2億ドル(約220億円)の保険を提供する保険会社です。この補償額は仮想通貨カストディアンが提供する保険額として"世界最大"であると伝えられています。

なお、米国の大手仮想通貨取引所である「Coinbase(コインベース)」は、2億5,500万ドル(約280億円)の保証を提供していますが、この保証は"ホットウォレット"に保管されている資産を対象とした保険となっています。

仮想通貨カストディを保証する世界初のキャプティブ(*1)でもあるとされる「Nakamoto」は、大手保険ブローカー企業である「Aon(エーオン)」と「Marsh(マーシュ)」の協力を得て立ち上げられており、バミュータの金融当局からライセンスを取得しています。
(*1)キャプティブ:特定の企業や企業グループ等のリスクを専属的に引き受けるために設立される保険子会社のこと。

Geminiの共同設立者であるCameron Winklevoss(キャメロン・ウィンクルボス)氏は『保険は仮想通貨普及の主要な障壁の1つである』と述べており、『Nakamotoを設立することによって保険の規模を拡大させ、業界を前進させることができる』と説明しています。

仮想通貨取引所では依然としてハッキングなどの被害が多数報告されていますが、ここ最近では顧客資産を保護するための補償制度を導入する取引所が増えてきており、日本の仮想通貨取引所でも"不正ログイン被害者向けの補償制度"などが導入されているため、このようなサービスが普及することによって、より安心して仮想通貨取引を行うことができる環境が整っていくことになると期待されます。

>>「Gemini」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy「約877億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は20万枚近くに

MicroStrategy「約877億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は20万枚近くに

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

BitTrade(ビットトレード):ビットコインキャッシュ(BCC)の新規注文を一時停止

BitTrade(ビットトレード):ビットコインキャッシュ(BCC)の新規注文を一時停止

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK NFT」販売へ|メタバースでは体験型コンテンツも公開

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK NFT」販売へ|メタバースでは体験型コンテンツも公開

LINE Blockchain:NFTカードゲーム「ピックファイブ」正式版で技術採用

LINE Blockchain:NFTカードゲーム「ピックファイブ」正式版で技術採用

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

仮想通貨HTから「HTX DAO」への移行作業進む|海外取引所では変換サービスも

仮想通貨HTから「HTX DAO」への移行作業進む|海外取引所では変換サービスも

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す