インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

by BITTIMES

インドの多国籍複合企業「Tata Group(タタ・グループ)」の子会社である「Tata Elxsi(タタ・エレクシー)」が、車両間通信システムにアイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用していることが明らかになりました。

こちらから読む:BOSCH、特許技術にIOTA活用「IOTA/MIOTA」関連ニュース

「コネクテッドカーの車両間通信」に技術活用

Tata Elxsi(タタ・エレクシー)のメンバーが執筆した「安全な車両間通信のためのスケーラブルな分散型ソリューション」という技術論文の中には、車両間通信システムの基盤技術としてアイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を使用することの利点が記されています。

自動車業界ではインターネットへの常時接続機能を備えた自動車である「コネクテッドカー」に期待が高まっており、様々な大手自動車メーカーが技術開発に取り組んでいますが、その一方では「車両間で送信されるデータが"中間者攻撃・DOS攻撃・シビル攻撃"などといった様々なサイバー攻撃の対象となること」を懸念する意見も出ています。

Tata Elxsiはこのようなリスクを軽減するための方法として「分散型台帳技術(DLT)」をあげており、数多く存在するブロックチェーンの中でもIOTAが提供する「Tangle Network」の利点を強調しています。分散型台帳技術を活用する理由としては「DLT上に記録されたデータは改ざんが極めて困難であること」や「信頼性や整合性を確保することができること」があげられています。

拡張性の高い「IOTA」の利点を強調

論文の中では世界中で広く活用されているイーサリアム(ETH)の名前もあげられていますが、Ethereumブロックチェーンに対しては『スケーラビリティなどの様々な欠点があるため、コネクテッドカーシステムでは使用することは不可能だ』と指摘されています。

Tata Elxsiは、IOTAの利点として"拡張性が高いこと"をあげており、『コネクテッドカーネットワークは1秒間に1,000件を超えるトランザクションを転送するため、1秒間に大量のトランザクションを処理できるブロックチェーンネットワークが必要だ』と説明しています。

機械間通信(M2M)などの面で強みを持っているIOTAの技術は「Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)」などの大手自動車メーカーでも活用されており、長期的なプロジェクトでは"自律走行型の多機能コンセプトカー"である「EDAG CityBot」でも採用されているため、今後はより多くのプロジェクトで利用されていく可能性があると考えられます。

>>「Tata Elxsi」の学術論文はこちら

2020年2月4日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は昨年12月に16.74円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年2月4日時点では「1MIOTA=35.64円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月6日〜2020年2月4日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月6日〜2020年2月4日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

注目度の高い仮想通貨ニュース

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す