インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

by BITTIMES

インドの多国籍複合企業「Tata Group(タタ・グループ)」の子会社である「Tata Elxsi(タタ・エレクシー)」が、車両間通信システムにアイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用していることが明らかになりました。

こちらから読む:BOSCH、特許技術にIOTA活用「IOTA/MIOTA」関連ニュース

「コネクテッドカーの車両間通信」に技術活用

Tata Elxsi(タタ・エレクシー)のメンバーが執筆した「安全な車両間通信のためのスケーラブルな分散型ソリューション」という技術論文の中には、車両間通信システムの基盤技術としてアイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を使用することの利点が記されています。

自動車業界ではインターネットへの常時接続機能を備えた自動車である「コネクテッドカー」に期待が高まっており、様々な大手自動車メーカーが技術開発に取り組んでいますが、その一方では「車両間で送信されるデータが"中間者攻撃・DOS攻撃・シビル攻撃"などといった様々なサイバー攻撃の対象となること」を懸念する意見も出ています。

Tata Elxsiはこのようなリスクを軽減するための方法として「分散型台帳技術(DLT)」をあげており、数多く存在するブロックチェーンの中でもIOTAが提供する「Tangle Network」の利点を強調しています。分散型台帳技術を活用する理由としては「DLT上に記録されたデータは改ざんが極めて困難であること」や「信頼性や整合性を確保することができること」があげられています。

拡張性の高い「IOTA」の利点を強調

論文の中では世界中で広く活用されているイーサリアム(ETH)の名前もあげられていますが、Ethereumブロックチェーンに対しては『スケーラビリティなどの様々な欠点があるため、コネクテッドカーシステムでは使用することは不可能だ』と指摘されています。

Tata Elxsiは、IOTAの利点として"拡張性が高いこと"をあげており、『コネクテッドカーネットワークは1秒間に1,000件を超えるトランザクションを転送するため、1秒間に大量のトランザクションを処理できるブロックチェーンネットワークが必要だ』と説明しています。

機械間通信(M2M)などの面で強みを持っているIOTAの技術は「Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)」などの大手自動車メーカーでも活用されており、長期的なプロジェクトでは"自律走行型の多機能コンセプトカー"である「EDAG CityBot」でも採用されているため、今後はより多くのプロジェクトで利用されていく可能性があると考えられます。

>>「Tata Elxsi」の学術論文はこちら

2020年2月4日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は昨年12月に16.74円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年2月4日時点では「1MIOTA=35.64円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月6日〜2020年2月4日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月6日〜2020年2月4日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ドル・日本円連動ステーブルコイン「D-TORA・Y-TORA」予約販売開始:公益研究基盤機構

米ドル・日本円連動ステーブルコイン「D-TORA・Y-TORA」予約販売開始:公益研究基盤機構

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す