ガラタサライSK:公式ファントークン「GAL」を発行|選手入場曲の投票受付開始

by BITTIMES

トルコ・イスタンブールをホームタウンとするサッカークラブ「Galatasaray S.K.(ガラタサライSK)」は、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」で公式ファントークン「GAL」を発行し、トルコ・テレコム・アリーナで流れる"選手入場曲"を決定するための投票を受け付けています。

こちらから読む:ASローマ、BCカードゲームの"Sorare"と提携「スポーツ」関連ニュース

Socios.comで公式ファントークン「GAL」を発行

仮想通貨ブロックチェーン技術を活用したファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」は、2020年2月4日に同プラットフォームに参加しているトルコのサッカークラブ「Galatasaray S.K.(ガラタサライSK)」が公式ファントークン「GAL」を発行し、トルコ・テレコム・アリーナで流れる"選手入場曲"を決定するための投票を受け付け始めたことを発表しました。

ガラタサライSKの公式ファントークンである「GAL」は、Socios.comアプリで開催されているファン・トークン・オファリング(FTO)を通じて「1GAL=10TRY(約183円)」で購入できるようになっています(Socios.comの基軸通貨"CHZ"の市場価格によって変動あり)。

GALトークンを保有しているサポーターの人々は、Socios.comアプリ内で以下5つの選択肢の中からトルコ・テレコム・アリーナで流れる"選手入場曲"に投票することができます。なお、一度取得したファントークンは消費されないようになっているため、アプリ内で開催される全ての登場案件に参加することができます。
・Re Re Re Ra Ra Ra
・Çocukluk Aşkımsın
・Kupalara Layıksın
・Şereftir Seni Sevmek
・Şampiyonsun Galatasaray

投票に参加したファンの人々は「報酬ポイント」を獲得することができます。この報酬ポイントは「ガラタサライのホームスタジアムVIPシートで試合観戦する権利」や「限定クラブグッズ」を入手するために使用することができます。なお、これらは提供される報酬の一部であり、今後はより多くの特別体験が提供されていく予定となっています。

「アトレティコ・マドリード」のファン投票も

Atletico-Madrid-Socios

「Socios.com」は、2020年1月30日にスペイン・マドリードのサッカークラブである「Atlético Madrid(アトレティコ・マドリード)」が公式ファントークンを発行して、ファン投票を開始したことも発表しています。

アトレティコ・マドリードのファン投票では「クラブ公式Instagramの1日管理人をしてほしい選手」を決定するための投票が行われており、「選手にアップロードしてほしいコンテンツ」もSocios.com上で投票決定される予定だと説明されています。「1日管理人」のファン投票では、以下4名の選手に投票することができます。
・コケ
・モラタ
・ロディ
・トーマス

「ガラタサライSK」と「アトレティコ・マドリード」のファン投票に関する詳細は、以下の公式発表をご覧ください。
>>「ガラタサライSK」のファン投票に関する詳細はこちら
>>「アトレティコ・マドリード」のファン投票に関する詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す