社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

by BITTIMES   

一人ひとりの社会貢献活動を可視化するサービス「actcoin(アクトコイン)」の開発・運営を行なっている「SOCIAL ACTION COMPANY株式会社」は2020年2月26日に、日々の貢献活動でコインが貯まる"デイリーアクション機能"を追加したことを発表しました。

こちらから読む:BITMAX、XRPがもらえるキャンペーン開催「国内ニュース」

actcoin(アクトコイン)とは

actcoin(アクトコイン)とは、個人の社会貢献活動に対して独自トークンを付与する無料オンラインサービスであり、社会問題・環境問題の解決に繋がる行動を行い、報告することによって"actcoin"を受け取ることができる仕組みとなっています。

ブロックチェーン技術を用いて発行されている「actcoin」は、社会貢献活動を行なった場合にのみ付与される仕組みとなっているため、アクトコインを多く保有しているユーザーはそれだけ多くの社会貢献を行なっているとみなすことができます。

2019年1月末にサービスを開始した「actcoin」は、順調にユーザー数を増やしてきており、2020年2月26日時点では5,000人を超えるユーザーに合計1,445万コインを付与していると報告されています。

個人目標を設定して社会貢献「デイリーアクション機能」

新たに追加された「デイリーアクション機能」は、社会問題を考慮した70個以上の目標の中から"5つ"を個人目標として設定し、1日1回アクションを報告することによって「500アクトコイン」を獲得できる機能となっています。この目標はいつでも変更することができるため、設定した目標が習慣化した場合には他の目標を再設定することも可能です。

現在は、世界中で深刻な問題となっている「フードロス・マイクロプラスティック・CO2・循環生活」の4つをカテゴリー化した上で、小さな目標が70個以上表示されています。目標の中には以下のような、日常生活の中で習慣化して達成できる小さなアクションも含まれています。
・プラスチックのストローを使わなかった
・調理や注文は食べきれる量にした
・マイボトルを持ち歩いた
・節水に心がけた
・書類のプリントを控えた

アクトコインのサービスを「日本中でもっと気軽に」

アクトコインが提供していた従来のサービスは「社会貢献や社会問題のためのプロジェクト参加・プロジェクトのシェア・寄付証明」という3つのアクションに対してアクトコインを付与する仕組みとなっていたため、"プロジェクトの開催エリア付近に住んでいない場合はプロジェクトに参加しづらい"という問題がありました。

しかし「デイリーアクション機能」が導入されたことによって、日本中のどこからでもアクトコインのサービスに参加して社会貢献活動を行い、アクトコインを獲得することができるようになりました。

SOCIAL ACTION COMPANY株式会社は、今後の取り組みとして「溜まったアクトコインを社会に循環させることができる仕組みづくりの実装」を予定しており、将来的には「環境や社会に配慮した商品との交換」や「寄付体験プログラム」などにアクトコインを利用することもできるようになる予定だと説明されているため、今後のサービス拡大には注目が集まります。

>>「actcoin」の公式サイトはこちら
>>「actcoin」のiOS版アプリはこちら
>>「actcoin」のWeb版はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

メタマスク:プライバシー保護機能などを備えた「MetaMaskバージョン8」リリース

メタマスク:プライバシー保護機能などを備えた「MetaMaskバージョン8」リリース

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

FXcoin:先着100名に1万円プレゼント「暗号資産購入キャンペーン」開催

FXcoin:先着100名に1万円プレゼント「暗号資産購入キャンペーン」開催

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す