NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

by BITTIMES

仮想通貨のレンディング(貸し出し)サービスを提供している「Cred(クレド)」は、2020年3月20日にNBAの「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」に所属しているプロバスケットボール選手Spencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏と提携したことを発表しました。

こちらから読む:イタリアの銀行、"BTC取引サービス"提供へ「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨に興味を持つ機会を「NBAファン」の人々に

仮想通貨のレンディングサービス(貸し出しサービス)を提供している「Cred(クレド)」は、2020年3月20日にNBAスターでありながら慈善活動家・起業家としても活躍しているプロバスケットボール選手Spencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏と提携したことを発表しました。

慈善活動家・企業家としても活躍するNBAのスーパースターSpencer Dinwiddie選手を新たなパートナーとして歓迎します。NBAファンの皆さん、ステーブルコインや仮想通貨の利息で稼ぐ方法について学びましょう。

Cred(クレド)は世界190カ国の顧客向けにサービスを提供するグローバルな金融サービスプラットフォームであり、同社サービスを利用する仮想通貨保有者の人々は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
・トゥルーUSD(TrueUSD/TUSD)
・クレド(Cred/LBA)
などの仮想通貨を企業などに貸し出すことによって"毎年最大10%"の利息を得ることができると説明されています。

今回の提携は、NBAファンの人々に対してステーブルコインや仮想通貨に興味を持つ機会を提供し、ブロックチェーン技術や仮想通貨について教育することなどが目的だとされており、NBAファンの人々が直接アクセスすることができる専用のWEBサイトも立ち上げられています。

Spencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)選手は、早い時期から仮想通貨業界に参入していることでも知られており、2018年10月には自身がプロデュースしているスニーカーブランド「K8IROS」で仮想通貨決済を導入しています。

バスケットボール業界はその他のスポーツ業界と比べると仮想通貨やブロックチェーン技術の活用が進んでいる業界でもあるため、今回の提携はバスケットボールと仮想通貨の繋がりをさらに強くすることになると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

PayPal:暗号資産カストディ企業「Curv」の買収を正式発表

PayPal:暗号資産カストディ企業「Curv」の買収を正式発表

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

SBI VCトレード:大口取引を行う個人・法人向け特別サービス「SBIVC for Prime」提供開始

SBI VCトレード:大口取引を行う個人・法人向け特別サービス「SBIVC for Prime」提供開始

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す