新ブロックチェーン「Binance Smart Chain」のホワイトペーパー公開

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、2020年4月17日に新しいブロックチェーンである「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のホワイトペーパーが公開されたことを発表しました。この新たなブロックチェーンは「Binance Chain」のパフォーマンスを維持しつつ、スマートコントラクトの実装やステーキングなどの機能を実現すると説明されています。

こちらから読む:一生無料の"電子契約サービス"公開「ブロックチェーン」関連ニュース

「Binance Smart Chain」のホワイトペーパー公開

BINANCE(バイナンス)は、2020年4月17日のツイートでスマートコントラクトの実装を可能にする新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のホワイトペーパーが公開されたことを発表しました。

Binance Chainコミュニティがスマートコントラクトを可能にするホワイトペーパーをリリースしました。

🔸スマートコントラクト
🔸BNBステーキング
🔸オープンソース
🔸EVM互換
🔸速いブロックタイム
🔸低いトランザクションコスト

「Binance Smart Chain」ホワイトペーパーの全文はこちらから

バイナンススマートチェーンとは

公開されたホワイトペーパーによると、Binance Smart Chainは「スマートコントラクトの実装」や「仮想通貨バイナンスコイン(BNB)のステーキング」などを可能にするBinance Chainの並列ブロックチェーンだとされています。

既に公開されていた「Binance Chain」は、新しい仮想通貨の発行や分散型取引所での仮想通貨取引などを実現していますが、コミュニティからは『"スマートコントラクト機能"を実装して欲しい』という意見が数多くでていたとのことです。

しかしBINANCEは「スマートコントラクト機能を搭載した場合には"取引に遅延が発生する"などの問題が発生する可能性がある」と説明しており、Binance Chainのパフォーマンスを維持した上でユーザーが希望する機能を実現するために「Binance Smart Chain」を立ち上げたことを説明しています。

「スマートコントラクト」や「ステーキング」を実現

「Binance Smart Chain」が利用可能になることによって、開発者の人々はスマートコントラクトを用いた分散型アプリケーション(DApps)を開発したりすることができるようになります。

また「Proof of Staked Authority」と呼ばれるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)関連のアルゴリズムを採用しているため、BNBを用いたステーキングも実現するとされています。

「イーサリアム仮想マシン」との互換性も

さらに「Binance Smart Chain」は、バイナンスチェーンと互換性があるだけでなく「イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)」との互換性も有しているため、既存のイーサリアム関連ツールを全てサポートしていると伝えられています。

「Binance Smart Chain」の詳細は以下の「公式発表」および「ホワイトペーパー」をご覧ください。
>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「Binance Smart Chain」のホワイトペーパーはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでアーティストの著作権を守るサービスが登場

ブロックチェーンでアーティストの著作権を守るサービスが登場

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

注目度の高い仮想通貨ニュース

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す