新ブロックチェーン「Binance Smart Chain」のホワイトペーパー公開

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、2020年4月17日に新しいブロックチェーンである「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のホワイトペーパーが公開されたことを発表しました。この新たなブロックチェーンは「Binance Chain」のパフォーマンスを維持しつつ、スマートコントラクトの実装やステーキングなどの機能を実現すると説明されています。

こちらから読む:一生無料の"電子契約サービス"公開「ブロックチェーン」関連ニュース

「Binance Smart Chain」のホワイトペーパー公開

BINANCE(バイナンス)は、2020年4月17日のツイートでスマートコントラクトの実装を可能にする新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)」のホワイトペーパーが公開されたことを発表しました。

Binance Chainコミュニティがスマートコントラクトを可能にするホワイトペーパーをリリースしました。

🔸スマートコントラクト
🔸BNBステーキング
🔸オープンソース
🔸EVM互換
🔸速いブロックタイム
🔸低いトランザクションコスト

「Binance Smart Chain」ホワイトペーパーの全文はこちらから

バイナンススマートチェーンとは

公開されたホワイトペーパーによると、Binance Smart Chainは「スマートコントラクトの実装」や「仮想通貨バイナンスコイン(BNB)のステーキング」などを可能にするBinance Chainの並列ブロックチェーンだとされています。

既に公開されていた「Binance Chain」は、新しい仮想通貨の発行や分散型取引所での仮想通貨取引などを実現していますが、コミュニティからは『"スマートコントラクト機能"を実装して欲しい』という意見が数多くでていたとのことです。

しかしBINANCEは「スマートコントラクト機能を搭載した場合には"取引に遅延が発生する"などの問題が発生する可能性がある」と説明しており、Binance Chainのパフォーマンスを維持した上でユーザーが希望する機能を実現するために「Binance Smart Chain」を立ち上げたことを説明しています。

「スマートコントラクト」や「ステーキング」を実現

「Binance Smart Chain」が利用可能になることによって、開発者の人々はスマートコントラクトを用いた分散型アプリケーション(DApps)を開発したりすることができるようになります。

また「Proof of Staked Authority」と呼ばれるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)関連のアルゴリズムを採用しているため、BNBを用いたステーキングも実現するとされています。

「イーサリアム仮想マシン」との互換性も

さらに「Binance Smart Chain」は、バイナンスチェーンと互換性があるだけでなく「イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)」との互換性も有しているため、既存のイーサリアム関連ツールを全てサポートしていると伝えられています。

「Binance Smart Chain」の詳細は以下の「公式発表」および「ホワイトペーパー」をご覧ください。
>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「Binance Smart Chain」のホワイトペーパーはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す