開発者の関わり方が「仮想通貨価格」にも影響か|複数銘柄のリターンに一定の相関性

by BITTIMES

大学の研究者らによって作成された「コードから市場へ:開発者ネットワークと相関する仮想通貨リターン」という題名の論文では『"仮想通貨の開発に携わった開発者"と"仮想通貨価格"には深い関わりがある』という調査結果が報告されています。

こちらから読む:Symbol(XYM)のロードマップ公開「仮想通貨」関連ニュース

開発者が重なる仮想通貨の価格に「一定の相関性」

「コードから市場へ:開発者ネットワークと相関する仮想通貨リターン」という論文を作成した複数の研究者たちは、ソフトウェア開発で広く利用されているプラットフォーム「Github(ギットハブ)」上にソースコードが公開されている仮想通貨プロジェクトの中から一定数以上の出来高がある仮想通貨約300通貨を調査した上で『2つの独立した仮想通貨が同一の開発者によってリンクされた場合、仮想通貨のリターンにも相関性が見られる』という結果を導き出しています。

研究者たちの報告によると、現在Github上には1,600種類以上の仮想通貨コードが保存されているものの、それらの開発に携わっている開発者の約4%は複数の仮想通貨プロジェクトに関わりをもっているとのことで、そのような複数のプロジェクトに携わる開発者たちは平均よりも活発に開発を行っており、開発全体の10%に貢献しているとされています。

今回のレポートでは、このような"共通の開発者"を持つ仮想通貨の価格に一定の相関性が見られたことが報告されています。

(画像:From code to market: Network of developers and correlated returns of cryptocurrencies)(画像:From code to market: Network of developers and correlated returns of cryptocurrencies)

各種仮想通貨プロジェクトのつながり

論文内では「実際にはどのような仮想通貨プロジェクトが開発者を共有しているか」に関するデータも掲載されており、少なくとも1つ以上の仮想通貨プロジェクトとリンクされた仮想通貨は124種類あったと報告されています。

最も中心となっている仮想通貨プロジェクトは、時価総額ランキングでもTOPをキープし続けているビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)であり、その他の仮想通貨プロジェクトでも様々なつながりがあることが報告されています。

Network-of-developers-and-correlated-returns-of-cryptocurrencies少なくとも1つ以上の仮想通貨とリンクされた124の仮想通貨プロジェクト(画像:From code to market: Network of developers and correlated returns of cryptocurrencies)

研究者たちは"開発者ネットワークと仮想通貨価格に相関性がある理由"について『1人の開発者が複数の仮想通貨プロジェクトに関わった場合には、それら複数の仮想通貨プロジェクトで類似点を多く共有することになるためではないか』との見解を示しており、このような研究結果は「仮想通貨市場を分析する研究者・投資家・規制当局」などにとっても興味深いものだろうと述べています。

仮想通貨市場の動きを分析する手法は既に多数存在していますが「開発者の関わりが値動きに関係する」という考え方は、市場を分析する上での1つの方法として役立てることができるとも考えられます。

>>「公開されたレポート」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す