WEBサイトに「仮想通貨取引機能」を実装できるWordPressプラグイン登場

by BITTIMES

ビットコイン強気派として知られる著名投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏が出資しているブロックチェーン企業「Draper Goren Holm」は、ホームページ・ブログなどのウェブサイト上に"仮想通貨取引機能"を手軽に実装することができるWordPress(ワードプレス)のプラグイン「Cryptocurrency Exchange」をリリースしました。

こちらから読む:コインチェック、積立サービスに7銘柄追加「仮想通貨」関連ニュース

「Cryptocurrency Exchange」とは

Cryptocurrency Exchange

「Draper Goren Holm」がリリースした「Cryptocurrency Exchange」は、自分が公開しているウェブサイトに"仮想通貨取引機能"を実装することができるWordPressのプラグインです。

WordPress(ワードプレス)とは、無料で簡単にホームページやブログを作成することができるオープンソースのホームページ作成ソフトであり、"世界で最も広く利用されているホームページ作成ソフト"として知られています。

「仮想通貨取引機能」を無料で簡単に実装

「Cryptocurrency Exchange」は2020年4月15日から"無料"で公開されているため、ワードプレスでホームページを作成している人々は「Cryptocurrency Exchange」のプラグインをインストールするだけで、自分のホームページに"仮想通貨取引機能"を追加したり、独自の仮想通貨取引所をゼロから作成したりすることができます。

独自の料金設定で「収益化」も可能

このプラグインを用いて導入された仮想通貨取引所は「MetaMaskBrave・Opera・Trust Wallet・Coinbase Wallet・Enjin」などといった主流のデスクトップ・モバイルウォレットでアクセスすることができる分散型取引所(DEX)となっており、WEBサイト作成者は料金をカスタマイズすることによって収益化を図ることもできると説明されています。

なお、このプラグインは分散型取引所「Totle(トートル)」のAPIを用いて仮想通貨取引機能を実装する仕組みとなっているため、実際に取引を処理する際には「EthereDelta」や「Kyber Network」などといった複数の仮想通貨取引プラットフォームの中から最適な価格を提供する取引所を選択して注文を約定させる仕組みとなっています。

日本での利用には注意が必要?

「Cryptocurrency Exchange」はカスタマイズすることも可能で、今後も定期的に新機能をリリースしていく予定だと報告されているため、ホームページを運営している人々にとって革新的なツールになると期待されます。

ただし、日本で仮想通貨の交換サービスを提供するためには「暗号資産交換業」の登録が必要となるため、日本向けのサイトなどでは規制対象となる可能性もあると考えられます。また、現時点ではプラグインのセキュリティ面について詳しく説明が行われていないため、安全性を懸念する意見も出ています。

仮想通貨規制などを考慮すると、実際に「Cryptocurrency Exchange」のプラグインを利用できる地域は限定される可能性もありますが、実際にプラグインの実装が進めば仮想通貨取引がさらに身近なものになるため、今後の動向には注目が集まります。

>>「Draper Goren Holm」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

仮想通貨取引所「Hotbit」フィスココイン(FSCC)取扱い開始

仮想通貨取引所「Hotbit」フィスココイン(FSCC)取扱い開始

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す