仮想通貨取引所「OKCoinJapan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:お得なキャンペーン情報も掲載「仮想通貨取引所」関連ニュース

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)とは

OKCoinJapan

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)とは、グローバルに暗号資産取引所を展開している「OK Group」の日本法人「オーケーコイン・ジャパン株式会社」が日本向けに立ち上げた仮想通貨取引所です。

「OK Group」が運営しているグローバル仮想通貨取引所「OKEx(オーケーイーエックス)」は、2018年5月に世界最大の取引所売上高を記録しており、現在も世界的に有名な大手仮想通貨取引所として知られています。

2020年3月30日に日本で"仮想通貨交換業者"としての登録を完了した「オーケーコイン・ジャパン株式会社」は、2020年8月20日から正式に暗号資産現物取引サービスの提供を開始しており、「OK Group」が保有する技術と製品を活用して仮想通貨取引の初心者から経験豊富なプロトレーダーまでの幅広いニーズに対応した仮想通貨取引サービスの提供に取り組んでいます。

取り扱う仮想通貨

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)が取扱う仮想通貨は以下の9銘柄となっています。これらの仮想通貨は「日本円(JPY)」や「ビットコイン(BTC)」との取引が可能です(2021年9月時点)。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
リスク(Lisk/LSK)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
オーケービー(OKB/OKB)
アイオーエスティー(IOSToken/IOST)

サービスの種類・概要

暗号資産現物取引(取引所形式)

暗号資産現物取引(取引所形式)では、取引所形式で同社が取扱っている暗号資産を日本円またはビットコインとの取引ペアでユーザー同士で取引することができます。注文の種類は「成行注文・指値注文」の2種類となっており、システムメンテナンス時以外は24時間365日取引することが可能です。

OKCoinJapanの暗号資産現物取引サービスで提供されている取引ペアは以下の12種類となっています(2021年9月時点)

【円建て】
・BTC/JPY
・BCH/JPY
・ETH/JPY
・ETC/JPY
・LTC/JPY
・XRP/JPY
・LSK/JPY
・IOST/JPY

【ビットコイン建て】
・BCH/BTC
・ETH/BTC
・ETC/BTC
・LTC/BTC

現物取引における各種通貨ペアの「取引単位・呼値の単位・最小発注数量」は以下の通りです。「最大発注数量」と「取引上限」に制限はありませんが、一度の注文が対象銘柄の価格変動率30%を超える場合は注文が制限されます。

取引銘柄取引単位呼値の単位最小注文数量(/回)
BTC/JPY0.000000010.010.0001
BCH/JPY0.000000010.010.01
ETH/JPY0.000000010.010.01
ETC/JPY0.000000010.010.1
LTC/JPY0.000000010.010.1
XRP/JPY0.0010.011
LSK/JPY0.000000010.011
IOST/JPY0.0000010.000110
BCH/BTC0.00010.000010.01
ETH/BTC0.0000010.000010.001
ETC/BTC0.000010.00000010.1
LTC/BTC0.0000010.0000010.01

なお、OKCoinJapanは取引価格の急変を防止するための措置として「サーキットブレーカー制度」を導入しているため、約定価格が制限値幅(基準価格の上下20%)になった場合には、5分間ほど取引が中断される可能性があります。中断時間が経過した後は「Call auction方式(板寄せ方式)」によって取引が再開されます。(基準価格は複数社の価格を基に10分前の市場価格から算出)

暗号資産現物取引(販売所形式)

暗号資産現物取引(販売所形式)は、OKCoinJapanを取引相手として暗号資産を売買することができる暗号資産取引サービスです。販売所サービスは「買値」と「売値」のみが表⽰される形式の暗号資産取引サービスであり、初心者でも簡単な操作で暗号資産を購入・売却することができるようになっています。

販売所で提示される「買値」と「売値」はOKCoinJapanが提示しており、これらの価格には一定の差額が設定されているため、販売所サービスの取引手数料は無料となっています。

なお、販売所で提供されている取引ペアは2021年6月時点で「OKB/JPY」のみとなっています。

利用者間振込

利用者間振込は、OKCoinJapanのアカウントに登録されているメールアドレスを使用することによって、OKCoinJapanの利用者同士で暗号資産を送受金することができるサービスです。

日本円の移動は不可となっていますが、暗号資産の移動はブロックチェーンを介さずにOKCoinJapanの内部で行われるため、送金手数料は無料となっています。

利用者間振込機能はホームページ右上にある「資産管理」から「暗号資産出庫」をクリックして「利用者間振込」を選択後、必要事項を入力することによって利用することができるようになっており、詳しい説明は「OKCoinJapanの公式サイト」でも行われています。

各種手数料

日本円入金手数料

日本円入金手数料:無料(振込元の各金融機関が定める振込手数料は自己負担)

日本円出金手数料

出金額手数料
100万円未満400円
100万円〜1,000万円770円
1,000万円以上1,320円

暗号資産入庫手数料

暗号資産入庫手数料:無料

暗号資産出庫手数料

以下の設定範囲内から自分自身で設定可能

出庫(税込)設定可能範囲設定可能単位
BTC0.0005~0.020.0001
BCH0.001~0.20.0001
ETH0.007~0.20.0001
ETC0.01~0.20.0001
LTC0.001~0.20.0001
XRP0.1~50.0001
LSK0.5~20.0001
OKB2~100.0001
IOST1~5000.0001

暗号資産現物取引手数料(全取引銘柄共通)

OKCoinJapanの取引手数料では、ユーザーの取引量に応じて段階的に安くなる「ボリュームディスカウント方式」が採用されています。

レベル直近30日間の取引量(日本円相当)メイカー手数料(%)(税込)テイカー手数料(%)(税込)
Lv1100 万円未満0.07%0.14%
Lv2100 万円以上0.06%0.12%
Lv31,000 万円以上0.05%0.10%
Lv41 億円以上0.04%0.08%
Lv55 億円以上0.03%0.07%
Lv615 億円以上0.02%0.06%
Lv730 億円以上応相談応相談

OKCoinJapanのメリット

merit

実績のある「セキュリティ・信頼性・安定性」

OKCoinJapanは、グローバル市場で大きな実績を持つ「OK Group」の技術と製品を活用してサービスを提供しているため、セキュリティ・信頼性・安定性の面で大きな強みを有しています。

数百種類の仮想通貨を取り扱いつつ、先物取引ペアも提供し、世界100カ国以上で数百万人ものユーザーに仮想通貨取引サービスを提供し続けている「OKEx」で培われた技術力は、「OKCoinJapan」のサービスをより充実したものにすると期待されます。

「高い流動性」と「高速取引」

OKCoinJapanは「高い流動性」と「高速取引」も同社の強みとして強調しています。「OKCoinJapan」はまだサービスが開始されていないものの、「OKEx」は日々の仮想通貨取引量ランキングで常に20位前後をキープしているため、「OKCoinJapan」でも高い流動性を保つことができると期待されます。

OKCoinJapanのデメリット

Demerit

提供するサービスが少ない

OKCoinJapanはまだ立ち上げられたばかりであるため「提供されているサービスが少ない」という面で他社に劣っています。

日本国内で運営されているその他の仮想通貨取引所では「レバレッジ取引・仮想通貨積立・仮想通貨決済・貸仮想通貨・大口取引」などといった様々なサービスが提供されているため、"その他のサービスも利用したい"と考えている方には不向きであると考えられます。

しかし実際にサービスが開始されれば、仮想通貨取引所以外のサービスが追加される可能性もあるため、今後の発表にも注目です。

>>「OKCoinJapan」の公式サイトはこちら
>>「OKCoinJapan」の新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す