Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2020年4月21日に、YouTube(ユーチューブ)が「仮想通貨XRPの無料配布(ギブアウェイ)」を謳う詐欺行為を止めなかったことに対して訴訟を起こしたことを発表しました。

こちらから読む:リップル共同設立者、新型コロナから回復「Ripple」関連ニュース

「XRP関連詐欺を放置したこと」を問題視

YouTube(ユーチューブ)では以前から『仮想通貨XRPを一定額送金したら、それよりも多くのXRPを返金する』という嘘の内容を動画の概要欄やコメント欄に書き込むことによって、動画視聴者からXRPを騙し取る詐欺行為が行われていました。

Ripple(リップル)社はこのような行為が行われていたことを以前から警告しており、公式サイトで「XRP関連詐欺の見抜き方」なども公開していましたが、今回の訴訟ではこれらの詐欺行為に対してYouTube側が対応を怠ったことなどが指摘されています。

リップル社によると、これらの詐欺行為によって数万ドル(数百万円)相当のXRPの被害が出ているとのことで、これによってRipple社やBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)CEOのイメージ・ブランドが傷付けられたと説明されています。

「YouTubeは詐欺師から利益を得ている」との指摘も

今回の訴訟では「YouTube側が詐欺師から広告料を得ていたこと」も指摘されています。YouTubeでは、動画配信者がYouTube側に広告費を支払うことによって、検索結果の上位に動画を表示させることができる仕組みサービスが提供されていますが、今回の詐欺動画もこの広告機能によって上位に表示されていたとのことです。

以下の画像はRipple社の訴訟で"例"として挙げられている画像ですが、この動画では「ブラッド・ガーリング氏のインタビュー」というタイトルに「50,000,000XRPギブアウェイ」と書かれたサムネイルが付けられており、タイトル下部にはYouTube側が"広告"として掲載していることを示す「黄色文字の"Ad"マーク」付けられています。

(画像:Ripple.com)(画像:Ripple.com)

このような広告動画はできるだけ多くのユーザーがクリックするように最適化され、「Ripple」や「Brad Garlinghouse」と検索したユーザーの検索結果で上位に表示されることになるため、被害の拡大につながった可能性もあると考えられます。

Ripple社は2019年11月以降で49回削除依頼を出しているとのことで、ガーリングハウスCEOを装ったチャンネルに対しては305回もクレームが届いているとのことです。

>>「Ripple社」の公式発表はこちら
>>「訴訟の内容」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す