IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型ソーシャルメディア(DeSM)プロジェクト「Society2(ソサイエティ2)」は、2020年5月5日にウェブサイトを公開したことを発表しました。

こちらから読む:自動車・決済などで技術活用進む「IOTA/MIOTA」関連ニュース

Society2(ソサイエティ2)とは

Society2-logo

Society2(ソサイエティ2)は、アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型技術を活用した分散型ソーシャルメディア(DeSM)のフレームワーク開発に取り組んでいるプロジェクトであり、SNSユーザーが自分の個人情報やコンテンツなどを自分自身で管理することができるプライバシーに配慮したソーシャルメディアの構築を目指しています。

現代社会では様々なSNSが世界中の人々に利用されていますが、その一方では「Facebook(フェイスブック)による個人情報の流出」や「YouTube(ユーチューブ)による一方的なアカウント停止」などの問題が発生しており、利用者の間でも"一部企業に独占管理されたSNSサービス"に対する批判的な意見が多数出ています。

Society2(ソサイエティ2)は、IOTA財団によって開発された暗号化アプリケーションのフレームワークである「IOTA Streams」を用いて構築されているため、SOCIETY2フレームワークを使用してコンテンツを暗号化し、ユーザーとプラットフォーム間で配布することができると説明されています。

SOCIETY2フレームワークはIOTAの分散型台帳技術用に開発されている「分散型ID」などといったその他の技術を連携できるように設計されているため、これまでは不可能だったレベルでプライバシーをコントロールできるようになるとされています。

ソーシャルメディアは過去15年間に渡って私たちの生活の要となっています。しかし、残念なことにそれらのソーシャルメディアは「私たちのプライバシーや個人データの管理、私たちを取り巻く世界の情報をどこから入手するか、誰を信頼するか」などの選択を犠牲にしています。これらの問題は私たちが「SOCIETY2」を通じて解決を目指している主要な問題の1つです。

IOTA(MIOTA)用いた「報酬機能」なども計画

「Society2」はユーザーがプライバシーレベルを自分自身で選択できる仕組みなどの導入を予定しており、仮想通貨IOTA(MIOTA)の少額決済機能を活用することによって"Society2の利用して広告を閲覧したユーザーにIOTAで報酬を支払う"といった機能の提供を計画していると伝えられています。

この機能では「ユーザーが広告配信を希望してユーザー情報の一部を提供すれば、サイトやアプリを運営するIOTAノードの所有者と収益を共有することができる」とされています。

「Society2」のプロジェクトリーダーであるJoseph Skewes(ヨゼフ・スキューブス)氏は今回の発表の中で『Twitter(ツイッター)のようなプラットフォームで採用されることを期待している』とも述べており、現在は「SOCIETY2プロトタイプ」の開発に加えて、チームの拡大を目指していると説明されています。

SOCIETY2のチームは現在「SOCIETY2フレームワーク」の開発を進めており、2020年第3四半期までにはコミュニティからの意見を募集するためのプロトタイプが公開される予定だと報告されています。

>>「Society2」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

マイクロストラテジー「約55億円相当のビットコイン」を買い増し

マイクロストラテジー「約55億円相当のビットコイン」を買い増し

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す