IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型ソーシャルメディア(DeSM)プロジェクト「Society2(ソサイエティ2)」は、2020年5月5日にウェブサイトを公開したことを発表しました。

こちらから読む:自動車・決済などで技術活用進む「IOTA/MIOTA」関連ニュース

Society2(ソサイエティ2)とは

Society2-logo

Society2(ソサイエティ2)は、アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型技術を活用した分散型ソーシャルメディア(DeSM)のフレームワーク開発に取り組んでいるプロジェクトであり、SNSユーザーが自分の個人情報やコンテンツなどを自分自身で管理することができるプライバシーに配慮したソーシャルメディアの構築を目指しています。

現代社会では様々なSNSが世界中の人々に利用されていますが、その一方では「Facebook(フェイスブック)による個人情報の流出」や「YouTube(ユーチューブ)による一方的なアカウント停止」などの問題が発生しており、利用者の間でも"一部企業に独占管理されたSNSサービス"に対する批判的な意見が多数出ています。

Society2(ソサイエティ2)は、IOTA財団によって開発された暗号化アプリケーションのフレームワークである「IOTA Streams」を用いて構築されているため、SOCIETY2フレームワークを使用してコンテンツを暗号化し、ユーザーとプラットフォーム間で配布することができると説明されています。

SOCIETY2フレームワークはIOTAの分散型台帳技術用に開発されている「分散型ID」などといったその他の技術を連携できるように設計されているため、これまでは不可能だったレベルでプライバシーをコントロールできるようになるとされています。

ソーシャルメディアは過去15年間に渡って私たちの生活の要となっています。しかし、残念なことにそれらのソーシャルメディアは「私たちのプライバシーや個人データの管理、私たちを取り巻く世界の情報をどこから入手するか、誰を信頼するか」などの選択を犠牲にしています。これらの問題は私たちが「SOCIETY2」を通じて解決を目指している主要な問題の1つです。

IOTA(MIOTA)用いた「報酬機能」なども計画

「Society2」はユーザーがプライバシーレベルを自分自身で選択できる仕組みなどの導入を予定しており、仮想通貨IOTA(MIOTA)の少額決済機能を活用することによって"Society2の利用して広告を閲覧したユーザーにIOTAで報酬を支払う"といった機能の提供を計画していると伝えられています。

この機能では「ユーザーが広告配信を希望してユーザー情報の一部を提供すれば、サイトやアプリを運営するIOTAノードの所有者と収益を共有することができる」とされています。

「Society2」のプロジェクトリーダーであるJoseph Skewes(ヨゼフ・スキューブス)氏は今回の発表の中で『Twitter(ツイッター)のようなプラットフォームで採用されることを期待している』とも述べており、現在は「SOCIETY2プロトタイプ」の開発に加えて、チームの拡大を目指していると説明されています。

SOCIETY2のチームは現在「SOCIETY2フレームワーク」の開発を進めており、2020年第3四半期までにはコミュニティからの意見を募集するためのプロトタイプが公開される予定だと報告されています。

>>「Society2」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

注目度の高い仮想通貨ニュース

Terra(LUNA)攻撃対策でブロックチェーン停止|取引所では「取引停止発表」相次ぐ

Terra(LUNA)攻撃対策でブロックチェーン停止|取引所では「取引停止発表」相次ぐ

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月10日〜16日

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bitget:日本ユーザーを対象に「複数の賞品が当たる限定キャンペーン」開催

Bitget:日本ユーザーを対象に「複数の賞品が当たる限定キャンペーン」開催

Symbol Node List:ノード種別を5種類に分類「フィルタ機能」実装|絞込検索が可能に

Symbol Node List:ノード種別を5種類に分類「フィルタ機能」実装|絞込検索が可能に

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

東京地裁:コインチェックNEM流出事件で「暗号資産XEMの返還」を命令

東京地裁:コインチェックNEM流出事件で「暗号資産XEMの返還」を命令

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す