Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

by BITTIMES

イタリアの高級スポーツカーメーカーである「Lamborghini(ランボルギーニ)」は2020年5月14日に、デジタルスタンプの作成・収集専用アプリを運営している「Bitstamp(ビットスタンプ)」と協力して、ブロックチェーン技術を用いたデジタル切手「The Automobili Lamborghini Collection」を発行しました。

こちらから読む:ドイツBC企業、ポルシェなどから6億円を調達「自動車」関連ニュース

「The Automobili Lamborghini Collection」とは

Lamborghini(ランボルギーニ)とBitstamp(ビットスタンプ)が共同で発行する「The Automobili Lamborghini Collection」は、ブロックチェーン技術を用いて発行される収集可能なデジタル切手となっています。

個々のスタンプはブロックチェーン上にデータを記録することによって、その歴史とオリジナリティが保証されており、"複製することの出来ない唯一のデジタルオブジェクト"となっています。

それぞれの切手は発行枚数が限定されているため、コレクターの人々は切手を収集したり、他の人と交換したりすることができます。また、将来的にはデジタルスタンプを取引するための「マーケットプレイス」も公開される予定となっているため、このマーケットプレイスを通じてスタンプを再販することもできるとのことです。

「Huracán EVO RWD Spyder」のデジタル切手公開

(画像:Lamborghini)

デジタルスタンプの第1弾としては、2020年5月上旬に発表された最新モデル「Huracán EVO RWD Spyder(ウラカン EVO RWD スパイダー)」のデジタル切手が発行されています。

「ウラカン EVO RWD Spyder」のデジタル切手は2020年5月14日から「Bitstamp」のアプリで購入・ダウンロードすることができるようになっており、シリアルナンバー付きで限定2万個が発行されています。

現在「Bitstamps」のアプリ上で販売されている「Huracán EVO RWD Spyder デジタルスタンプ」の販売価格は"9.99ユーロ(約1,157円)"となっており、アプリで簡単なアカウント登録を行えばスマートフォン上で支払いを行うことができるようになっています。

Lamborghini(ランボルギーニ)はこれまでにもブロックチェーン技術を取り入れたプロジェクトを立ち上げており、昨年8月にはブロックチェーンでアート作品として認定されたカスタムペイント車両「Lamborghini Aventador S(ランボルギーニ アヴェンタドール S)」なども公開されています。

>>「Lamborghini」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

ブロックチェーンゲームの始め方|必要なものなどを「初心者向け」にわかりやすく解説

ブロックチェーンゲームの始め方|必要なものなどを「初心者向け」にわかりやすく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Gaudiy「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と業務提携

ブロックチェーン企業Gaudiy「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と業務提携

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

ディーカレット:新規口座開設で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ディーカレット:新規口座開設で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開催

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す