Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

by BITTIMES   

イタリアの高級スポーツカーメーカーである「Lamborghini(ランボルギーニ)」は2020年5月14日に、デジタルスタンプの作成・収集専用アプリを運営している「Bitstamp(ビットスタンプ)」と協力して、ブロックチェーン技術を用いたデジタル切手「The Automobili Lamborghini Collection」を発行しました。

こちらから読む:ドイツBC企業、ポルシェなどから6億円を調達「自動車」関連ニュース

「The Automobili Lamborghini Collection」とは

Lamborghini(ランボルギーニ)とBitstamp(ビットスタンプ)が共同で発行する「The Automobili Lamborghini Collection」は、ブロックチェーン技術を用いて発行される収集可能なデジタル切手となっています。

個々のスタンプはブロックチェーン上にデータを記録することによって、その歴史とオリジナリティが保証されており、"複製することの出来ない唯一のデジタルオブジェクト"となっています。

それぞれの切手は発行枚数が限定されているため、コレクターの人々は切手を収集したり、他の人と交換したりすることができます。また、将来的にはデジタルスタンプを取引するための「マーケットプレイス」も公開される予定となっているため、このマーケットプレイスを通じてスタンプを再販することもできるとのことです。

「Huracán EVO RWD Spyder」のデジタル切手公開

(画像:Lamborghini)

デジタルスタンプの第1弾としては、2020年5月上旬に発表された最新モデル「Huracán EVO RWD Spyder(ウラカン EVO RWD スパイダー)」のデジタル切手が発行されています。

「ウラカン EVO RWD Spyder」のデジタル切手は2020年5月14日から「Bitstamp」のアプリで購入・ダウンロードすることができるようになっており、シリアルナンバー付きで限定2万個が発行されています。

現在「Bitstamps」のアプリ上で販売されている「Huracán EVO RWD Spyder デジタルスタンプ」の販売価格は"9.99ユーロ(約1,157円)"となっており、アプリで簡単なアカウント登録を行えばスマートフォン上で支払いを行うことができるようになっています。

Lamborghini(ランボルギーニ)はこれまでにもブロックチェーン技術を取り入れたプロジェクトを立ち上げており、昨年8月にはブロックチェーンでアート作品として認定されたカスタムペイント車両「Lamborghini Aventador S(ランボルギーニ アヴェンタドール S)」なども公開されています。

>>「Lamborghini」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

秘密鍵共有管理サービス「N Suite」Astar Networkと連携|関連ネットワークにも対応

秘密鍵共有管理サービス「N Suite」Astar Networkと連携|関連ネットワークにも対応

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す