ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)では2020年5月20日に3度目の半減期後"初"となる難易度調整が行われ、マイニング(採掘)の難易度に「マイナス6%」の調整が加えられました。

こちらから読む:CMEのオプション取引高が過去最高を記録「ビットコイン」関連ニュース

ハッシュレートは「95.34EH/s」まで低下

ビットコイン(BTC)ではブロック生成間隔を平均10分とするために、約2週間に1度のペースでマイニングの難易度調整が行われます。この調整では、ブロック生成速度が早まっていた場合には「プラスの難易度調整」を実施してブロック生成速度を抑え、ブロック生成速度が遅くなっていた場合には「マイナスの難易度調整」を実施してブロック生成速度を早める対策がとられます。

2020年5月12日に訪れた半減期前に実施された難易度調整では3回連続で「プラスの難易度調整」が行われていたものの、半減期後"初"となる今回の難易度調整では「マイナス6%の調整」が行われたことが報告されています。

(画像:BTC.com)(画像:BTC.com

ビットコインのネットワークでは、半減期でマイニング報酬が12.5BTCから6.25BTCへと半減したことによって、"利益を出すことができなくなった一部のマイナーはBTCマイニングから一時的に撤退している"と報告されています。

実際に半減期前に「137.5EH/s」程度だったビットコインのハッシュレート(採掘速度)は記事執筆時点で「95.34EH/s」まで低下しており、コロナショックによる価格急落でハッシュレートが急落した"2020年3月中旬"の水準にまで低下しています。

今回の難易度調整で採掘難易度が下げられたことによって、撤退していたマイナーの復帰のつながる可能性がありますが、「BTC.com」のデータでは次回の難易度調整でも「マイナス6.30%」の調整が実施される可能性があるとの推定値が出されています。

Twitterのビットコインアナリストである「digitalik.net(@digitalikNet)」も先日18日のツイートで「5月17日に生成されたBTCブロック数が通常よりもはるかに少ない95ブロックだったこと」を報告し、『ビットコイン価格が10,000ドル(約107万円)以下で推移していることを考えると、難易度調整後にブロック生成速度が改善されるとは思えない』との考えを語っています。

2020年5月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月8日頃から主要な抵抗線となっている106万円付近での推移を続けており、2020年5月20日時点では「1BTC=1,056,482円」で取引されています。今のところ抵抗線を突破することはできていないものの、過去数日間の動きから判断すると、近日中には大幅な値動きが見られることになると予想されます。

2020年4月20日〜2020年5月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月20日〜2020年5月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kraken Japan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱開始|ステーキングも可能

Kraken Japan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱開始|ステーキングも可能

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す