ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)では2020年5月20日に3度目の半減期後"初"となる難易度調整が行われ、マイニング(採掘)の難易度に「マイナス6%」の調整が加えられました。

こちらから読む:CMEのオプション取引高が過去最高を記録「ビットコイン」関連ニュース

ハッシュレートは「95.34EH/s」まで低下

ビットコイン(BTC)ではブロック生成間隔を平均10分とするために、約2週間に1度のペースでマイニングの難易度調整が行われます。この調整では、ブロック生成速度が早まっていた場合には「プラスの難易度調整」を実施してブロック生成速度を抑え、ブロック生成速度が遅くなっていた場合には「マイナスの難易度調整」を実施してブロック生成速度を早める対策がとられます。

2020年5月12日に訪れた半減期前に実施された難易度調整では3回連続で「プラスの難易度調整」が行われていたものの、半減期後"初"となる今回の難易度調整では「マイナス6%の調整」が行われたことが報告されています。

(画像:BTC.com)(画像:BTC.com

ビットコインのネットワークでは、半減期でマイニング報酬が12.5BTCから6.25BTCへと半減したことによって、"利益を出すことができなくなった一部のマイナーはBTCマイニングから一時的に撤退している"と報告されています。

実際に半減期前に「137.5EH/s」程度だったビットコインのハッシュレート(採掘速度)は記事執筆時点で「95.34EH/s」まで低下しており、コロナショックによる価格急落でハッシュレートが急落した"2020年3月中旬"の水準にまで低下しています。

今回の難易度調整で採掘難易度が下げられたことによって、撤退していたマイナーの復帰のつながる可能性がありますが、「BTC.com」のデータでは次回の難易度調整でも「マイナス6.30%」の調整が実施される可能性があるとの推定値が出されています。

Twitterのビットコインアナリストである「digitalik.net(@digitalikNet)」も先日18日のツイートで「5月17日に生成されたBTCブロック数が通常よりもはるかに少ない95ブロックだったこと」を報告し、『ビットコイン価格が10,000ドル(約107万円)以下で推移していることを考えると、難易度調整後にブロック生成速度が改善されるとは思えない』との考えを語っています。

2020年5月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月8日頃から主要な抵抗線となっている106万円付近での推移を続けており、2020年5月20日時点では「1BTC=1,056,482円」で取引されています。今のところ抵抗線を突破することはできていないものの、過去数日間の動きから判断すると、近日中には大幅な値動きが見られることになると予想されます。

2020年4月20日〜2020年5月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月20日〜2020年5月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

ビットコインで投げ銭できるコンテンツ投稿サイト「Baskadia」公開

ビットコインで投げ銭できるコンテンツ投稿サイト「Baskadia」公開

ロバート・キヨサキ氏:金・銀・ビットコインではない「新たな資産」に関心

ロバート・キヨサキ氏:金・銀・ビットコインではない「新たな資産」に関心

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す