暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2020年5月頃から100万円前後での推移を続けており、主要な暗号資産(仮想通貨)でも停滞が続いていますが、最近では"暗号資産史上最大の出資金詐欺"とも呼ばれる「PlusToken(プラストークン)」関連のアドレスから数百億円規模の暗号資産が移動されていると報告されているため、業界では「BTC・ETH・EOS・XRP」などの通貨で"売り圧力"が強まる可能性があると懸念されています。

PlusToken資金「数百億円相当」が取引所などに移動

暗号資産投資ファンド「DTC Capital」の責任者である「Spencer Noon(@spencernoon)」氏は2020年6月25日のツイートで、"暗号資産史上最大の出資金詐欺"とも呼ばれる「PlusToken(プラストークン)」の大量の資金が、取引とミキシングのために新しいウォレットアドレスへと移動されたことを報告しました。

同氏はこのツイートの中で『ビットコインが約217億円相当、イーサリアムが約196億円相当、イオスが約73億円相当、XRPが約4.3億円相当移動されている』と報告しており、暗号資産市場がこれだけの金額を買い支えることができなければ、価格下落につながる可能性があると指摘しています。

今週は以下のような「PlusToken」の資金が取引とミキシングのために新しいアドレスへと移動されました。
・22,000BTC(2億300万ドル)
・789,000ETH(1億8,300万ドル)
・26,000,000EOS(6,800万ドル)
・20,000,000XRP(400万ドル)

大きな問題は、暗号資産市場がこの量を吸収できるのか、それとも私たちは下落の道を進むことになるか?ということです。

PlusToken(プラストークン)が保有している暗号資産の数量は膨大であるため、暗号資産市場では『これらの暗号資産が売却されることによって、価格下落を引き起こす可能性がある』として以前から警戒されていました。

ビットコインなどをはじめとする複数の暗号資産は今年3月頃から徐々に価格が回復してきており、BTC価格は100万円付近まで回復したものの、今のところは100万円前後の抵抗線を突破できておらず、2020年6月26日時点では「1BTC=98万円前後」で推移しています。

暗号資産業界では『PlusTokenは保有している暗号資産を価格高騰時に売却する可能性が高い』と考えられていましたが、ここ最近で取引所などに資金が移動されていることを踏まえると、近日中にこれらの暗号資産が売却される可能性あるため「BTC・ETH・EOS・XRP」などの暗号資産に"新しい大きな壁"が立ちはだかる可能性があると懸念されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

ビットコインATMで「30万人の個人情報流出報告」自撮り写真・住所なども漏洩か

ビットコインATMで「30万人の個人情報流出報告」自撮り写真・住所なども漏洩か

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

バイナンス:独自ステーブルコイン「Binance GBP」発行へ|今後2ヶ月以内に予定

バイナンス:独自ステーブルコイン「Binance GBP」発行へ|今後2ヶ月以内に予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す