新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

by BITTIMES

暗号資産業界では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に投資している人々の多くは1980年〜2000年代頃に生まれた「ミレニアル世代」が特に多いとされていましたが、イギリス・ロンドンを拠点とするフィンテック企業「Mode Banking(モード・バンキング)」が2020年7月1日に公開した調査報告では『2020年2月以降はビットコインに投資する高齢者世代が倍増している』と報告されています。

こちらから読む:Pundi X、XPOSデバイスで"PayPal"をサポート「暗号資産」関連ニュース

高齢者世代のビットコイン投資「毎月2倍増」

ビットコイン(BTC)に投資している人の多くは1980年〜2000年代頃に生まれた「ミレニアル世代」が中心になっているということは、これまでにも複数のレポートなどで報告されていましたが、イギリス・ロンドンを拠点とするフィンテック企業「Mode Banking(モード・バンキング)」が2020年7月1日に公開した調査報告では『ビットコイン投資は2020年2月以降でベビーブーマー世代(1946年〜1964年頃)とジェネレーションX(1960年代半ば〜1980年代)世代の間で毎月2倍に増加している』と報告されています。

Mode Banking(モード・バンキング)は新型コロナウイルスの影響によって「ロックダウン(都市封鎖)」が行われた頃から、同社が提供しているプラットフォームで「ベビーブーマー世代とジェネレーションX世代によるビットコイン投資」が加速したと報告しています。

2020年2月を基準として計算すると、これら2つの世代によるビットコイン投資は「3月が2.24倍、4月は4.49倍、5月は8.88倍」に増加したとされています。

2020年2月〜5月にかけて高齢世代でのビットコイン投資が倍増(画像:Mode Banking)2020年2月〜5月にかけて高齢世代でのビットコイン投資が倍増(画像:Mode Banking)

新型コロナウイルス後に「BTC投資」が増加

Mode Banking(モード・バンキング)の調査報告では「新型コロナウイルスの影響でビットコイン投資が増加したこと」も報告されています。

同社の報告によると、新型コロナウイルスの感染が広がる前のビットコイン投資伸び率は「高齢世代が61%、若者世代が118%」となっていたものの、新型コロナウイルスの影響が出ている最中のビットコイン投資伸び率は「高齢世代が107%、若者世代が125%」にまで増加したとされています。

新型コロナウイルス前後のビットコイン投資伸び率(画像:Mode Banking)新型コロナウイルス前後のビットコイン投資伸び率(画像:Mode Banking)

Google検索の「投資先」検索量も増加中

Mode Bankingは『世界的なパンデミック・ロックダウン・それに続く経済危機などの要因は、投資家たちの富やお金に対する考え方を永久に変える可能性がある』と述べており、"Google検索"における「投資先」というキーワードの検索量が2020年1月頃から急速に増加していることを報告しています。

Google検索における「投資先」の検索量(画像:Mode Banking)Google検索における「投資先」の検索量(画像:Mode Banking)

これらのデータを公開した「Mode Banking」は『若者世代はテクノロジーに精通しているためビットコインの採用を促進すると期待されているが、富の大部分は依然として"高齢世代"が所有しているため、ビットコインの成功は"高齢世代"にも強く依存している』と説明しており、高齢世代でビットコイン投資が加速することによって、ビットコインのさらなる成長につながる可能性があるとしています。

>>「Mode Banking」の公式発表はこちら

2020年7月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今年3月に50万円付近まで下落した後は順調に回復してきているものの、5月以降は横ばいの状態が続いており、2020年7月2日時点では「1BTC=990,777円」で取引されています。

2020年1月5日〜2020年7月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月5日〜2020年7月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

マンチェスター・ユナイテッド「Tezos基盤のNFTコレクション」提供へ

マンチェスター・ユナイテッド「Tezos基盤のNFTコレクション」提供へ

DEP発行のDEA社:Web3領域における協業推進に向け「楽天」と覚書締結

DEP発行のDEA社:Web3領域における協業推進に向け「楽天」と覚書締結

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す