2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

by BITTIMES

ビットコイン財団の会長でありながら「EOS Alliance・Blockchain Capital・Tether・Mastercoin」などの共同創設者でもある暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物Brock Pierce(ブロック・ピアース)氏は2020年7月5日に、無所属議員として「2020年の米国大統領選挙」に立候補したことを発表しました。

こちらから読む: リトアニア中銀、NEM基盤の"LBCOIN"販売へ「暗号資産」関連ニュース

ブロック・ピアース氏「米国大統領選」に立候補

Brock Pierce(ブロック・ピアース)氏は暗号資産・ブロックチェーン業界の"超大物"として知られる人物であり、2012年9月に設立されたアメリカの非営利団体「ビットコイン財団(Bitcoin Foundation)」で会長を務めている他、初めてICOを実施した「マスターコイン(Mastercoin)」や、世界中で使用されているステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」、さらには「EOS Alliance・Block.one・Blockchain Capital」の共同創設者でもあります。

また同氏は1990年代に「The Mighty Ducks」「D2:The Mighty Ducks」「First Kid」などのディズニー映画に子役としても出演しており、起業家・ベンチャーキャピタリストとしても知られています。

米国では2020年11月3日に「米国大統領選挙」が行われることになっていますが、Brock Pierce氏は2020年7月5日のツイートで自身が"無所属議員"として米国大統領選挙に立候補することを明らかにしています。

私ブロック・ピアースは、2020年のアメリカ合衆国大統領に立候補しています。

テクノロジーを活用して現代社会の問題解決

ピアース氏は、現在の世の中が「新型コロナウイルス、経済的・精神的な問題、環境問題」などといった様々な問題に直面していることを挙げており、現在開発が進められているテクノロジーを活用すればそのような社会を改善して、より良い生活を築くことができると語っています。

また同氏のキャンペーンページではピアース氏が様々なプロジェクトに携わってきたことも説明されており、同氏は『私たちが愛するこの国の再建には起業家が不可欠であり、私たちが共に協力すれば"アメリカ再生"への道を拓くことができる』とも語っています。

暗号資産・ブロックチェーン業界では、以前から『米国大統領選への出馬を検討している』といった意見が複数の人物から出ており、暗号技術を用いて権力に抵抗して自由を獲得することを目指している「Cypherpunk(サイファーパンク)」のJameson Lopp(ジェームソン・ロップ)氏や、サイバーセキュリティの専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏なども米国大統領選に関する発言を行なっています。

>>「Brock Pierce氏のキャンペーンぺージ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

中国政府ビットコイン規制を強化か?一部取引所サービスが停止

中国政府ビットコイン規制を強化か?一部取引所サービスが停止

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す