2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

by BITTIMES

ビットコイン財団の会長でありながら「EOS Alliance・Blockchain Capital・Tether・Mastercoin」などの共同創設者でもある暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物Brock Pierce(ブロック・ピアース)氏は2020年7月5日に、無所属議員として「2020年の米国大統領選挙」に立候補したことを発表しました。

こちらから読む: リトアニア中銀、NEM基盤の"LBCOIN"販売へ「暗号資産」関連ニュース

ブロック・ピアース氏「米国大統領選」に立候補

Brock Pierce(ブロック・ピアース)氏は暗号資産・ブロックチェーン業界の"超大物"として知られる人物であり、2012年9月に設立されたアメリカの非営利団体「ビットコイン財団(Bitcoin Foundation)」で会長を務めている他、初めてICOを実施した「マスターコイン(Mastercoin)」や、世界中で使用されているステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」、さらには「EOS Alliance・Block.one・Blockchain Capital」の共同創設者でもあります。

また同氏は1990年代に「The Mighty Ducks」「D2:The Mighty Ducks」「First Kid」などのディズニー映画に子役としても出演しており、起業家・ベンチャーキャピタリストとしても知られています。

米国では2020年11月3日に「米国大統領選挙」が行われることになっていますが、Brock Pierce氏は2020年7月5日のツイートで自身が"無所属議員"として米国大統領選挙に立候補することを明らかにしています。

私ブロック・ピアースは、2020年のアメリカ合衆国大統領に立候補しています。

テクノロジーを活用して現代社会の問題解決

ピアース氏は、現在の世の中が「新型コロナウイルス、経済的・精神的な問題、環境問題」などといった様々な問題に直面していることを挙げており、現在開発が進められているテクノロジーを活用すればそのような社会を改善して、より良い生活を築くことができると語っています。

また同氏のキャンペーンページではピアース氏が様々なプロジェクトに携わってきたことも説明されており、同氏は『私たちが愛するこの国の再建には起業家が不可欠であり、私たちが共に協力すれば"アメリカ再生"への道を拓くことができる』とも語っています。

暗号資産・ブロックチェーン業界では、以前から『米国大統領選への出馬を検討している』といった意見が複数の人物から出ており、暗号技術を用いて権力に抵抗して自由を獲得することを目指している「Cypherpunk(サイファーパンク)」のJameson Lopp(ジェームソン・ロップ)氏や、サイバーセキュリティの専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏なども米国大統領選に関する発言を行なっています。

>>「Brock Pierce氏のキャンペーンぺージ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

【速報】コインチェック:仮想通貨積立サービスに「アルトコイン7銘柄」を追加

【速報】コインチェック:仮想通貨積立サービスに「アルトコイン7銘柄」を追加

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す