カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

by BITTIMES

カナダの規制当局である「オンタリオ州証券委員会(OSC)」は2020年7月19日に、同国の暗号資産取引所「Coinsquare(コインスクエア)」を告発しました。同取引所は約59万BTC相当のウォッシュトレード(仮想売買)を行い、取引量を水増ししていたと報告されています。

こちらから読む:FTX、"XRPの現物取引"提供開始「暗号資産」関連ニュース

「取引量水増しのためのアルゴリズム」導入した可能性

カナダの規制当局である「オンタリオ州証券委員会(OSC)」に発表によると、同国の暗号資産取引所「Coinsquare(コインスクエア)」は2018年7月17日〜2019年12月4日までの期間にかけて、取引所の取引量を水増しするために84万件のウォッシュトレード(仮想売買)を行なっていたとされています。

ウォッシュトレード(仮想売買)とは取引量を多く見せるために人為的に仮想取引を行う行為のことであり、「Coinsquare」は同社の総取引量の90%以上にあたる取引を偽装していたと報告されています。

Coinsquare(コインスクエア)は2014年に設立されたカナダ・トロントを拠点とする暗号資産取引所であり、24万人ほどのユーザーを抱えているとされていますが、オンタリオ州証券委員会は『登録を完了していない違法な取引所である』と説明しています。

オンタリオ州証券委員会(OSC)によると、この水増しは2018年3月にダイアモンドCEOが指示したものであり、2018年7月17日には取引量を水増しするためのアルゴリズムが導入されていたと報告されています。

OSCは「Coinsquare」の創設者であるVirgile Rostand(ヴァージル・ロスタンド)氏、CEOであるCole Diamond(コール・ダイアモンド)氏、最高コンプライアンス責任者であるFelix Mazer(フェリックス・マゼル)氏の3名を被告人として指名して2020年7月21日に公聴会を開始することを予定しています。

暗号資産取引所における「取引量の水増し」は数年前から業界全体で問題視されており、最近では暗号資産取引所の取引量データなどを公開している「CoinMarketCap」や「CoinGecko」などのサイトでも、取引所の信頼性を判断できるようにするための対策がとられています。

「CoinGecko」の共同設立者であるBobby Ong氏は昨年11月に『暗号資産取引所で水増し取引が悪化している』と報告しており、信頼できる取引所として「日本米国の規制に基づいた取引所」を挙げています。

>>「オンタリオ州証券委員会」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

ベネズエラ最大の百貨店が「ビットコイン決済」導入|BCH・ETHなどにも対応

ベネズエラ最大の百貨店が「ビットコイン決済」導入|BCH・ETHなどにも対応

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す