メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

by BITTIMES

メキシコを拠点とする暗号資産取引所「Tauros(タウロス)」は2020年8月5日に、ダッシュ(DASH)と協力して同地域で初となる仮想通貨対応のVisaデビットカードを発売したことを発表しました。

こちらから読む:BITMAX、LINE独自通貨"LINK"の取引開始へ「暗号資産」関連ニュース

カード利用者には「2%のDASH」還元

メキシコを拠点とする暗号資産取引所「Tauros(タウロス)」は2020年8月5日に「Dashpay」との提携を通じて同国初となる仮想通貨対応のVisaデビットカードを発行したことを発表しました。

「CryptoBack®」と呼ばれるこのサービスを使用すると、カード支払いを行う度に"支払い金額2%"に相当する仮想通貨ダッシュ(DASH)を獲得することができると説明されています。

「Dashpay」との提携を通じてメキシコで初めてお届けする「CryptoBack®」は、カードを使用して購入する度に2%のDASHを獲得できる唯一のシステムです💳

今回発表された仮想通貨対応のVisaデビットカードは、メキシコに住む「Tauros」利用者のみが利用できるカードとなっており、DASHで2%還元を受けることができるだけでなく、自分が保有している仮想通貨を使用して支払いを行うこともできると伝えられています。

また、このカードはVisaデビットカードであるため、メキシコ国内のVisa対応店舗全てで使用することができ、利用可能店舗は数百万店舗にのぼると伝えられています。暗号資産で支払いが行われた場合には、暗号資産がメキシコペソに自動交換された上で店舗側に支払われる仕組みとなっているため、支払いを受ける店舗も仮想通貨のボラティリティ(価格変動率)を気にすることなく支払いを受けることができます。

低接触決済はパンデミック後の新常識

「Dash Core Group」の事業開発責任者であるErnesto Contreras氏は『新型コロナウイルスでソーシャルディスタンスが求められている現在社会では、仮想通貨決済のような低接触決済手段が新しい常識になる』と語っています。

私たちは「Tauros」と協力してメキシコのエコシステムを拡大し続け、ラテンアメリカをリードするより優れた、より簡単なソリューションを開発しています。Dashユーザーは通常のデビットカードを受け入れている何百万もの店舗でDashを使用できるようになりました。これらの店舗にはレストラン・オンラインショップ・小売店などが含まれます。

新型コロナウイルスの影響でソーシャルディスタンスが求められるようになり支払いの状況が変化したことを考えると、仮想通貨はより多くの製品とより良いソリューションに進化する必要があります。これはオンラインショッピングや低接触経済を可能にするパンデミック後の新しい常識です。

DASHはマネーロンダリング(資金洗浄)などの懸念によって日本国内では取引することができなくなりましたが、その他の国では決済手段として広く活用されており、ベネズエラなどの地域でもDASH決済が活発化していることが報告されています。

ダッシュは"匿名通貨"として広く認識されていますが、DASHの関係者などは『そのような認識は誤解だ』と説明しており、日本国内でもそのような誤解を解いて、再び日本国内の取引所にDASHを上場させるための取り組みなども進められています。

>>「DASH」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す