ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

by BITTIMES

ロシア連邦金融監視サービス(FMS)が、ビットコイン・ダッシュ・モネロなどといった様々な暗号資産の取引を追跡するための「暗号資産分析ツール」を開発していることが地元メディア「RBC」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:OKCoinJapanの"サービス開始予定日"が判明「暗号資産」関連ニュース

暗号資産を用いた違法取引などに対処

ロシアの金融監視機関である「ロシア連邦金融監視サービス(FMS)」は、人工知能(AI)を活用して暗号資産取引を追跡するための分析ツールを開発していると伝えられています。このシステムは「Transparent Blockchain」と呼ばれており、資金洗浄やテロ資金調達などのような違法行為に対処するために役立つと期待されています。

報告によると、このシステムは「ビットコインイーサリアム・オムニ」などといった一般的な暗号資産だけでなく、「ダッシュモネロ」などといった匿名送金機能を備えた暗号資産でも"匿名性を部分的に減らすことができる"とされており、このシステムで可能になることとしては以下のようなことが挙げられています。

  • デジタル金融資産の動きを監視・分析し、サービスプロバイダーを特定する
  • 暗号資産の違法取引に関する調査の実施
  • ビットコイン、イーサリアム、オムニ、ダッシュ、モネロネットワークを利用したトランザクションに関与する人物の匿名性を一部剥奪
  • インターネット上を検索してテロ資金調達・マネーロンダリングとの関与が疑われる情報・投稿・画像などを検出する

今回の報道では、この分析ツールが「麻薬密売」に対処するためのプロトタイプで試験運用に成功していることも報告されており、総務省や多数の海外諸国もこのシステムに関心を示していると伝えられています。

この暗号資産追跡ツール「Transparent Blockchain」の開発は予算外の資金を用いて開発が進められてきているものの、将来的には追加の資金が必要になるとのことで、2021年から2023年までの連邦予算から約7億6000万ルーブル(約11億円)が必要になるとされています。

ロシアでは先月末にVladimir Putin(ウラジーミル・プーチン)大統領が暗号資産関連の規制が含まれた「デジタル金融資産関連法」に署名したことが報告されており、暗号資産を"決済手段"として使用することが禁止されているため、この追跡ツールが実用化されれば暗号資産の違法取引がより厳しく取り締まられることになると予想されます。

違法行為での使用に対処するために「暗号資産追跡ツール」は様々な国で開発が進められており、政府・企業向けのブロックチェーン追跡ツールを展開している「Chainalysis(チェイナリシス)」は2020年6月に、同社が提供している「Chainalysis Reactor」と「顧客確認サービス」でDASHとZcashを新たにサポートすることを発表しています。

>>「RBC」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

【ロシア】Sberbank×S7航空:ブロックチェーン基盤の「航空券販売システム」導入へ

【ロシア】Sberbank×S7航空:ブロックチェーン基盤の「航空券販売システム」導入へ

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す