チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年8月21日に、米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が展開している信託資産管理サービスである「Coinbase Custody(コインベース・カストディ)」とカストディ契約を締結したことを発表しました。

こちらから読む:Travala、"分散型旅行予約サービス"構築へ「暗号資産」関連ニュース

「Coinbase Custody」で安全に資産管理

チリーズ(Chiliz/CHZ)は様々なジャンルのスポーツファンと選手・チームの交流を深めることを目的としたファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオス)」などといった様々なサービスを展開しており、これらのサービスの基軸通貨となる仮想通貨「CHZ」を発行しています。

今回の発表では同社が米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が展開する信託資産管理サービス「Coinbase Custody(コインベース・カストディ)」とカストディ契約を締結したことが報告されています。

Coinbase Custodyとカストディ契約を締結したことによって『CHZの取引を行うプロトレーダーや機関投資家は、世界最大規模で信頼性が抜群のCoinbase Custodyを利用することにより、資産を安全に保管することが可能になる』と説明されています。また、BtoC製品である「Socios.com」でユーザーから集められたCHZも「Coinbase Custody」で安全に管理されるとのことです。

2018年に公開された「Coinbase Custody」は、2012年から膨大な量の顧客資産を管理し続けてきたコインベースの安全なオフラインストレージと同様のサービスをクライアントに提供しています。規制が特に厳しいことでも知られる「ニューヨーク州金融サービス局」によって統制されている「Coinbase Custody」では、顧客資産の全てが遠隔保管されており、業界トップクラスの保険プログラムによって保護されています。

「Coinbase Custody」は"暗号資産をより安全に保管するための手段"として非常に多くの企業などに選ばれており、今回の発表時点では37以上の通貨をサポートしていると報告されています。今回のカストディ契約締結によって、Chiliz関連サービス全体の安全性と信頼性が高まることになると考えられます。

「Chiliz」と「Socios.com」のCEO兼創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンドル・ドレイファス)氏は、今回のカストディ契約について『ユーザーとパートナーの皆様に対して世界トップクラスのサービスを提供していく上で、今回の提携は非常に大きな一歩になるだろう』とコメントしています。

チリーズはここ最近でさらに事業拡大を進めており、最近では暗号資産デリバティブ取引所「FTX」の親会社としても知られる投資会社「Alameda Research(アラメダ・リサーチ)」から戦略的投資を受けたことや、「Socios.com VISAデビットカード」を発行すること、新たに3つのファン・トークン・オファリング(FTO)を2020年8月25日から同時開催することなども発表されています。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年8月24日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は先日18日に2.28円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年8月24日時点では「1CHZ=1.80円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年5月26日〜2020年8月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年5月26日〜2020年8月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

Cardano軽量版ウォレット「Lace」Braveブラウザに対応

ビットコイン:銀を超えて「時価総額ランキング8位」に|次に狙うはGoogle・Amazon

ビットコイン:銀を超えて「時価総額ランキング8位」に|次に狙うはGoogle・Amazon

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

Telegramのウォレットボット機能、Tether(USDT)に対応

Telegramのウォレットボット機能、Tether(USDT)に対応

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

フランクリン・テンプルトン「アルトコイン特化の仮想通貨ファンド」を検討

フランクリン・テンプルトン「アルトコイン特化の仮想通貨ファンド」を検討

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

次世代ミームコイン、MMTRの10桁超えに向けた旅が今始まる

次世代ミームコイン、MMTRの10桁超えに向けた旅が今始まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す