RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

by BITTIMES

事務機器、光学機器などを製造・販売を手掛けている「RICOH(リコー)」は2020年8月21日に、ブロックチェーン技術を用いて再生可能エネルギーを管理する実証実験を開始したことを発表しました。

こちらから読む:オリックス銀行、BC技術で証明書発行業務をデジタル化「国内ニュース」

「再生可能エネルギーの課題解決」に向け技術活用

RICOH(リコー)は2020年8月21日に、再生可能エネルギーの分野にブロックチェーン技術を応用するための実証実験を開始したことを発表しました。この実証実験では、RICOHグループの金融子会社である「リコーリース」が手掛ける太陽光発電所や自社の事業所にセンサーを取り付けることによって、発電量や使用量を計測して取引できるかをシミュレーションするとされています。

リコーはブロックチェーン技術の特長として「データ改ざんの発見が容易なこと、データの追跡ができること、価値を情報にして流通状況を管理できること、関係者間で平等に信頼できるデータを共有できること、第三者機関による保証が不要なこと」など挙げており、ブロックチェーン技術が金融分野だけでなく「電力分野」での応用に期待されていることを説明しています。

同社は再生可能エネルギーの流通に関する2つの課題として「発電量が不安定で安定調達しにくい電力であること」や「再生可能エネルギーであることを証明するために無駄な費用がかかること」を挙げており、これらの課題解決にブロックチェーン技術の応用が期待できることを強調しています。

ブロックチェーンで「電力関連情報を見える化」

具体的には、ブロックチェーン技術を応用することによって『再生可能エネルギーがどこで生まれて、どこで使用されたのか』を第三者が検証できる形で準リアルタイムに"見える化"するシステムを開発したと報告されています。このシステムは「再生可能エネルギーの融通による安定調達の実現」と「低価格での再生可能エネルギー保証」を目的としたものであり、電力取引プラットフォームとしての普及を目指すと説明されています。

再生可能エネルギーの発電量と消費量が準リアルタイムに記録されることによって電力の過不足を可視化することができるため、発電事業者や小売電気事業者などは各関係者間で電気の融通などの調整を行うことができるようになり、各小売電気事業者はムダなく安定した状態で再生可能エネルギーを供給・調達することが可能になります。

また、これらの電力を使用する消費者は「自分が消費した電力のどれくらいが再生可能エネルギー由来のものなのか」を容易に確認することができるため、企業などは会社が再生可能エネルギーを利用していることを信頼できる形で証明することもできるとも説明されています。

消費量を示すウェブアプリケーションのデモイメージ(画像:RICOH)消費量を示すウェブアプリケーションのデモイメージ(画像:RICOH)

実証実験は2021年3月まで実施される予定となっており、その後も得られた結果をもとにして継続的な取り組みを行なっていくと伝えられています。また、将来的にはバイオマスや風力などといったその他の再生可能エネルギー発電事業者にも参画を呼びかけていく予定だと伝えられています。

>>「RICOH」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM Group「ブロックチェーン推進協会(BCCC)」に加盟|会員企業と情報共有

NEM Group「ブロックチェーン推進協会(BCCC)」に加盟|会員企業と情報共有

Zaif:カイカコイン取引で「1,000円相当のCICC」がもらえるキャンペーン開催へ

Zaif:カイカコイン取引で「1,000円相当のCICC」がもらえるキャンペーン開催へ

ディーカレット:ビットコインの「自動積立サービス」提供開始

ディーカレット:ビットコインの「自動積立サービス」提供開始

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ジンバブエの大手銀行「仮想通貨などのデジタル技術活用方法」を検討

ジンバブエの大手銀行「仮想通貨などのデジタル技術活用方法」を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

Socios.com:ボクシングプロモーターの「Matchroom」と提携

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す