ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連のソフトウェア開発を行っている「ConsenSys(コンセンシス)」は2020年8月25日に、米国の総合金融サービス会社「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が開発するブロックチェーンプラットフォーム「Quorum(クォーラム)」を買収し、新たなブランド「ConsenSys Quorum」を立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:LINE、"BCサービス開発基盤"提供開始「ブロックチェーン」関連ニュース

Quorum買収を通じて利用可能性向上へ

ConsenSys(コンセンシス)は2020年8月25日に「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が開発するブロックチェーンプラットフォーム「Quorum(クォーラム)」を買収したことを発表しました。同社は今回の買収を通じて「Quorum」に関連する様々な製品・サービス・サポートを提供し、デジタル資産機能やドキュメント管理などの利用可能性を向上させると説明しています。

Quorum(クォーラム)はイーサリアムを土台として「JPMorgan」が開発した許可型のブロックチェーンであり、JPモルガン独自のデジタル通貨である「JPMコイン」や、300以上の銀行が参加している決済ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」などでもQuorumが活用されています。

しかしながら今回の買収が「IIN」や「JPMコイン」の開発に影響を与えることはないとのことで、『Quorumは引き続きオープンソースであり、ConsenSysの主要なブロックチェーン製品との相互運用が可能になる』と説明されています。

新ブランド「Consensys Quorum」

ConsenSys(コンセンシス)は『今回の買収を通じて既存のプロトコル開発ロードマップをQuorumと統合させ、両方の技術が持つ利点を活用していく』と述べており、コンセンシスが提供する全ての「Enterprise Ethereum」プロトコルテクノロジーは「Consensys Quorum(コンセンシス・クォーラム)」と呼ばれる新しいブランドに分類されると説明しています。

「Enterprise Ethereum」は企業向け分散型アプリケーションのためのプラットフォームであり、世界中の大手企業が数多く参加する団体である「Enterprise Ethereum Alliance(EEA)」によって管理されていますが、「ConsenSys」と「JPMorgan」は以前からこの「Enterprise Ethereum」の主導企業として協力していました。

ConsenSysのCEOでありながらイーサリアムの共同創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『私たちはイーサリアムの最初のブロックが採掘されて、ConsenSysが設立される前からJPモルガンと協力してイーサリアムの概念実証やプロダクションシステムの開発で協力してきた』と述べており、『QuorumをConsenSysのEnterprise Ethereumに導入できることに興奮している』と語っています。

私たちはイーサリアムの最初のブロックが採掘されて、ConsenSysが設立される前からJPモルガンと協力してイーサリアムの概念実証やプロダクションシステムの開発で協力してきました。

QuorumをConsenSysのEnterprise Ethereumに導入できることに非常にワクワクしています。「HyperledgerBesu」ベースのEnterprise EthereumクライアントをQuorumと統合し、Quorumの全ての機能をサポートできることを楽しみにしています。

また今回の発表の中では、Quorumの買収に伴い「JPモルガン」が「ConsenSys」に戦略的投資を行っていることも報告されています。両者は今後も協力して企業向けブロックチェーン事業を推進していくとしています。

>>「ConsenSys」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

NFTマーケットプレイス「Buynet」公開|フェラーリ利用会員権のオークション開始

NFTマーケットプレイス「Buynet」公開|フェラーリ利用会員権のオークション開始

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す