ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連のソフトウェア開発を行っている「ConsenSys(コンセンシス)」は2020年8月25日に、米国の総合金融サービス会社「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が開発するブロックチェーンプラットフォーム「Quorum(クォーラム)」を買収し、新たなブランド「ConsenSys Quorum」を立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:LINE、"BCサービス開発基盤"提供開始「ブロックチェーン」関連ニュース

Quorum買収を通じて利用可能性向上へ

ConsenSys(コンセンシス)は2020年8月25日に「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が開発するブロックチェーンプラットフォーム「Quorum(クォーラム)」を買収したことを発表しました。同社は今回の買収を通じて「Quorum」に関連する様々な製品・サービス・サポートを提供し、デジタル資産機能やドキュメント管理などの利用可能性を向上させると説明しています。

Quorum(クォーラム)はイーサリアムを土台として「JPMorgan」が開発した許可型のブロックチェーンであり、JPモルガン独自のデジタル通貨である「JPMコイン」や、300以上の銀行が参加している決済ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」などでもQuorumが活用されています。

しかしながら今回の買収が「IIN」や「JPMコイン」の開発に影響を与えることはないとのことで、『Quorumは引き続きオープンソースであり、ConsenSysの主要なブロックチェーン製品との相互運用が可能になる』と説明されています。

新ブランド「Consensys Quorum」

ConsenSys(コンセンシス)は『今回の買収を通じて既存のプロトコル開発ロードマップをQuorumと統合させ、両方の技術が持つ利点を活用していく』と述べており、コンセンシスが提供する全ての「Enterprise Ethereum」プロトコルテクノロジーは「Consensys Quorum(コンセンシス・クォーラム)」と呼ばれる新しいブランドに分類されると説明しています。

「Enterprise Ethereum」は企業向け分散型アプリケーションのためのプラットフォームであり、世界中の大手企業が数多く参加する団体である「Enterprise Ethereum Alliance(EEA)」によって管理されていますが、「ConsenSys」と「JPMorgan」は以前からこの「Enterprise Ethereum」の主導企業として協力していました。

ConsenSysのCEOでありながらイーサリアムの共同創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『私たちはイーサリアムの最初のブロックが採掘されて、ConsenSysが設立される前からJPモルガンと協力してイーサリアムの概念実証やプロダクションシステムの開発で協力してきた』と述べており、『QuorumをConsenSysのEnterprise Ethereumに導入できることに興奮している』と語っています。

私たちはイーサリアムの最初のブロックが採掘されて、ConsenSysが設立される前からJPモルガンと協力してイーサリアムの概念実証やプロダクションシステムの開発で協力してきました。

QuorumをConsenSysのEnterprise Ethereumに導入できることに非常にワクワクしています。「HyperledgerBesu」ベースのEnterprise EthereumクライアントをQuorumと統合し、Quorumの全ての機能をサポートできることを楽しみにしています。

また今回の発表の中では、Quorumの買収に伴い「JPモルガン」が「ConsenSys」に戦略的投資を行っていることも報告されています。両者は今後も協力して企業向けブロックチェーン事業を推進していくとしています。

>>「ConsenSys」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

日本銀行「デジタル通貨グループ」を新設|決済システム全体のデジタル化を推進

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

「EV充電スタンド」にブロックチェーン・IoT活用へ|利便性の向上図る:北海道電力

「EV充電スタンド」にブロックチェーン・IoT活用へ|利便性の向上図る:北海道電力

世界経済フォーラム:ブロックチェーン導入に役立つ「ツールキット」公開【サプライチェーン向け】

世界経済フォーラム:ブロックチェーン導入に役立つ「ツールキット」公開【サプライチェーン向け】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す