オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

by BITTIMES

世界中の法定通貨や暗号資産(仮想通貨)を管理したり、株を取引したりすることができるオンライン銀行アプリを展開しているフィンテック企業「Revolut(レボルト)」が、2020年9月から日本ユーザー向けの口座開設受付を開始したことが明らかになりました。

こちらから読む:Kraken日本法人、暗号資産交換業者の登録完了「暗号資産」関連ニュース

Revolut「日本ユーザーの口座開設」が可能に

Revolut(レボルト)は、1つのアプリで様々な金融サービスを利用することができるオンライン銀行アプリであり、無料の口座開設が数分で完了するだけでなく、27種類以上の通貨をアプリ上で保管・管理して海外に即時送金したり、支出管理機能でより簡単にお金を管理したり、仮想通貨や株式の取引を行ったりすることができるサービスを提供しています。

グローバルにサービスを展開している同社は、2018年時点で金融庁から日本人向けのサービス提供を許可されていましたが、今回は2020年9月から正式に日本ユーザー向けの口座開設受付が開始されたことが明らかになりました。

Revolut(レボルト)のアプリは既に日本語に対応したものがリリースされているため、アプリをダウンロードした後に氏名や住所などを入力して、口座開設を行うと実際のVISAデビットカードやアプリ内のバーチャルカードが作成できるようになっています。口座には「バーチャルカード、Apple Pay、Google Pay」などから入金することができます。

「仮想通貨購入」などの一部機能は利用不可

現在公開されている「Revolut」のアプリでは、貯金箱を作成して定期的に自動で貯金したり、お金を送金したり、グループで割り勘したりなどといった「Revolut」が提供している一般的な機能は日本でも利用することができるようになっているものの、「仮想通貨の購入」や「株の取引」などといった一部の機能はまだ利用できない状態となっています。

同社はこれらのサービスをすべてのユーザーに提供することを目指していますが、仮想通貨関連のサービスを日本で提供するためには暗号資産交換業者の登録を行う必要があるため、仮想通貨の購入機能などがサポートされるまでには時間がかかると予想されます。

連絡先を登録すると、無料で他のユーザーや銀行口座へと送金することができ、アプリ内で保管しているお金を他の通貨へと変換して送金することもできるため、旅行などの際にはこれらのサービスを利用することによって為替手数料を節約することができますが、日本ではクレジットカードの制限によって「クレジットカードで入金した資金は送金やATM出金で使用することができない」などの問題があるため注意が必要です。

Revolutアプリのレビュー欄では『エラーによって入金が正しく反映されない、マイナンバー登録の認証エラーで認証ができない』などといった深刻な問題を指摘する声もでているため、サービスが安定するまでは利用する際にも注意が必要だと考えられますが、すべてのサービスが安定して利用できるようになった場合には、海外旅行者などにとって魅力的なアプリになると考えられるため、今後のサービス改善などにも注目です。

>>「Revolut」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

安倍首相:ブロックチェーンは「注目すべき技術」今後の成長に大きな可能性

安倍首相:ブロックチェーンは「注目すべき技術」今後の成長に大きな可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

BINANCE:ウクライナの主要都市で「バス・電車に広告掲載」新規トレーダーを誘致

BINANCE:ウクライナの主要都市で「バス・電車に広告掲載」新規トレーダーを誘致

TAOTAO:新規口座開設や取引で現金がもらえる「2周年感謝Wキャンペーン」開始

TAOTAO:新規口座開設や取引で現金がもらえる「2周年感謝Wキャンペーン」開始

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイト公開

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイト公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す