BitMEX:Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」をテスト

by BITTIMES

暗号資産取引所「BitMEX(ビットメックス)」は2020年9月14日に、世界有数のブロックチェーンインフラ開発企業「Blockstream(ブロックストリーム)」が開発したビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーンを衛星経由でダウンロードして検証するシステムである「ビットコイン衛星システム」のテストを行なったことを発表しました。

こちらから読む:カルダノ財団、PwC元幹部をCEOに任命「暗号資産」関連ニュース

Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」とは?

Blockstream(ブロックストリーム)社が開発した「ビットコイン衛星システム」は、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンを衛星経由でダウンロードして検証するシステムであり、インターネットを経由することなく衛星経由でビットコインのデータを入手してノードになることができる技術となっています。

このシステムを使用すると、衛星通信を使用してビットコインブロックチェーンのデータをダウンロードすることができるため、「国家によるインターネットの監視、インターネットの遮断、停電、自然災害によるインフラ機能不全」などいった様々な問題に直面した場合にもビットコインブロックチェーンの同期を継続して、ビットコインの取引を行うことができると期待されています。

BitMEXは今回この「ビットコイン衛星システム」を利用するために必要な機材を実際に購入してセットアップを行った上で、環境構築にかかった費用や労力、衛星システムが持つ可能性などについての結果報告を行なっており、『私たちはかなり迅速にシステムをセットアップすることができた。衛星接続にはほとんどの場合、ノードをビットコインの先端に保つのに十分な帯域幅がある』と述べています。

Blockstream Satellite Pro Kit Box(画像:BitMEX)Blockstream Satellite Pro Kit Box(画像:BitMEX)

「実用性は低いが前向きな進展である」と評価

BitMEX(ビットメックス)の発表によると、人工衛星と接続するために必要となるアンテナなどのデバイスには合計1,200ドル(約125,000円)の費用がかかったものの、システムのセットアップは数時間ほどで完了したと報告されています。

また技術的な機能性に関しては『インターネット経由で接続する一般的なノードと比較すると数ブロックほど遅れることはあったが、基本的にはチェーンの先端を維持することができた』とも報告されています。

ビットメックスは今回のテストを実施した結果として『ビットコイン愛好家がシステムのインストールと実行を楽しいと思う可能性は高いが、ほとんどのユーザーにとって実用的なものになる可能性は低い』と結論付けているものの、衛星基盤のシステムがインターネット検閲の厳しい地域で役立つことや標的としたノードをネットワークから隔離する攻撃である「Eclipse Attack」を防御できる可能性があることなどを評価しており、『ビットコイン衛星システムは前向きな進展である』と称賛しています。

私たちはインターネット接続を必要とせずに衛星経由でビットコインのブロックチェーンをダウンロードして検証することができる「 Blockstream Bitcoin Satellite system(Blockstreamビットコイン衛星システム)」をインストールしました。システムはかなり迅速にセットアップすることができ、衛星接続にはほとんどの場合、ノードをビットコインの先端に保つのに十分な帯域幅がありました。

私たちは『システムのインストールと実行作業は多くのビットコイン愛好家にとって楽しい作業である可能性が高いものの、ほとんどのユーザーにとって実用的なものになる可能性は低い』と結論付けましたが、この衛星基盤のシステムはビットコインネットワークの検閲抵抗性を改善し、特定の形態の「Eclipse Attack」を防御する可能性があるため、その存在はおそらく前向きな進展であると考えています。

人工衛星を活用した仮想通貨関連のプロジェクトは既に多数立ち上げられており、実際にプロジェクトが進んでいることも報告されているため、今後もこのようなプロジェクトの動向には注目です。

>>「BitMEX」の公式発表はこちら
>>「Blockstream Satellite」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

Terra Classic「USTCの発行を停止する提案」が可決

Terra Classic「USTCの発行を停止する提案」が可決

注目度の高い仮想通貨ニュース

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す