ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

by BITTIMES

有名なブロックチェーンゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を開発したことなどで知られる「Dapper Labs(ダッパーラボ)」は、2020年10月1日に同社が開発を進めている米プロバスケットボールリーグ"NBA"とのコラボゲーム「NBA Top Shot」のベータ版を公開したことを発表しました。

こちらから読む:Atari、独自トークンの"IEO"開催へ「暗号資産」関連ニュース

Dapper Labsの「NBA Top Shot」とは

NBA-TOP-SHOT

Dapper Labs(ダッパーラボ)が開発を進めている「NBA Top Shot」は、アメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA(National Basketball Association)」と協力して開発された"NBA公式ブロックチェーンゲーム"であり、プレイヤーは実在する選手のデジタルアイテムを「Non Fungible Token(NFT)」として獲得することができるようになっています。

このデジタルアイテムは"3次元のマルチメディアキューブ"として表示されており、「Kevin Durant選手の3ポイントシュート」や「Joel Embiid選手のダンクシュート」などといった"NBAにおける歴史的な瞬間"が動画・写真などのデータと共にトークン化されているため、トークン保有者はこのキューブをクリックすることによって記録されたデータを確認することができるようになっています。

「NBA Top Shot」ではこれらのデジタルアイテムのパックなどが販売されているため、利用者はデジタルアイテムを収集・購入・販売・取引することができるようになっています。

「Galaxy Store」と「公式サイト」でベータ版公開

「NBA Top Shot」は今年5月に"クローズドベータ版"として一部の人々向けに公開されていましたが、今回の発表では"ベータ版"が全ての人々向けに公開されたことが発表されています。

約17,000人が参加したという「NBA Top Shot」のクローズドベータ版では、約43,000パックが販売されており、プラットフォームのNFTマーケットプレイスでは約10,500のトークンが取引されたと報告されているため、今回ベータ版が一般向けにリリースされたことによって、今後はさらに取引が活発化していくことになると予想されます。

「NBA Top Shot」は、Samsung(サムスン)の「Galaxy Store」でもリリースされるため、ゲームをプレイしたい方は「Galaxy Store」または「NBA Top Shotの公式サイト」からアクセスすることができると説明されています。

ブロックチェーン技術を用いてスポーツ選手の公式アイテムを発行するプロジェクトは続々とリリースされているため、今後は世界中のNFTマーケットプレイスでスポーツチームや選手の様々なNFTが取引されるようになっていくと期待されます。

>>「Dapper Labs」の公式発表はこちら
>>「NBA Top Shot」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す