コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年10月6日に、世界初のブロックチェーンゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を開発したことで知られるブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs(ダッパー・ラボ)」との連携を開始したことを発表しました。コインチェックは同社が2020年度内に提供開始を予定する「NFTマーケットプレイス」で「CryptoKitties」で利用可能なNFTの取り扱いを検討します。

こちらから読む:SBI×シグナム銀行、新たなファンドを共同設立「国内ニュース」

「CryptoKittiesのNFT取り扱い」を検討

Coincheck-DapperLabs

Coincheck(コインチェック)は2020年10月6日に、同社が現在準備を進めている「NFTマーケットプレイス事業」においてブロックチェーンゲーム開発企業である「Dapper Labs(ダッパー・ラボ)」との連携を開始したことを発表しました。

Dapper Labs(ダッパー・ラボ)は、ユーザー数10万を誇る世界初のブロックチェーンゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を開発したことで知られるブロックチェーンゲーム開発企業であり、米プロバスケットボールリーグ"NBA"とのコラボゲームである「NBA Top Shot」や、次世代ゲームやデジタル資産管理に最適なブロックチェーン「Flow」なども提供しています。

「CryptoKitties」などのブロックチェーンゲームでは、ゲーム内で収集できるデジタルアイテムが「代替不可能なトークン(Non Fungible Token/NFT)」として発行されているため、これらのトークンを自分の仮想通貨ウォレットで保管したり、NFT取引所サービスなどを介して他のユーザーと交換・取引したりすることができるようになっています。

コインチェックは現在、これらのNFTを取引することができる「NFTマーケットプレイス」のサービスを2020年度内に提供するための準備を進めているため、今回の連携のもとで「CryptoKitties」で利用可能なNFTを「NFTマーケットプレイス」で取り扱うことを検討していくと説明しています。

ブロックチェーン「Flow」との連携も検討

コインチェックは今回の発表の中で「Dapper Labs」が提供しているゲーム開発などに適したブロックチェーン「Flow」との連携も検討していくと説明しているため、将来的にはFlow関連のブロックチェーンゲームなどで提供されるその他のNFTが取り扱われる可能性もあると期待されます。

Dapper Labs(ダッパー・ラボ)は「NBA Top Shot」の開発で米プロバスケットボールリーグ「National Basketball Association(NBA)」と協力していますが、その他にも
UbiSoft(ユービーアイソフト)
・Ultimate Fighting Championship(UFC)
・Warner Music Group(ワーナー・ミュージック・グループ)
などともパートナーシップを結んでいます。

コインチェックは「NFTマーケットプレイス事業」における連携を拡大しており、過去には「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」や「エンジン(Enjin/ENJ)」との連携も発表されているため、今後の新たな発表にも注目です。

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

スマートアプリ:事業者向けコンサルティング事業「SmartApp NFT Consulting」開始

スマートアプリ:事業者向けコンサルティング事業「SmartApp NFT Consulting」開始

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す