Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)の大型アップデートで新たに誕生するプラットフォーム「シンボル(Symbol/XYM)」が、メインネット公開時点で「Wave Financialのウイスキーをトークン化するプロジェクト」と「リトアニア中央銀行の"LBCOIN"と呼ばれるコレクターコインプロジェクト」で活用されることが「Cointelegraph」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Zaif、新たに3通貨取り扱い開始「暗号資産」関連ニュース

「ウイスキーのトークン化・コレクターコイン」で技術活用

ネム(NEM/XEM)が予定している今後の大型アップデートによって、2020年12月17日には新しいプラットフォーム「シンボル(Symbol)」と新しい暗号資産「ジム(XYM)」が誕生する予定となっていますが、Cointelegraphの報道によると『Symbolの技術は正式リリース時に少なくとも2つプロジェクトで活用される』と報告されています。

「NEM Group」のCIOでありながら「NEMVentures」のマネージングディレクターでもあるDave Hodgson氏はコインテレグラフに対して、Symbolの技術がリリース時点で「Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fund」と「リトアニア中央銀行の"LBCOIN"プロジェクト」で活用されることを明かしています。

「Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fund」とは

「Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fund」は、デジタル資産管理会社である「Wave Financial Group」が蒸留酒メーカーである「Wilderness Trail Distillery」と協力して立ち上げたファンドであり、バーボンウイスキーをトークン化することによって投資家の人々に"ウイスキーに投資できる環境"を提供しています。

「リトアニア中央銀行のLBCOIN」とは

リトアニア中央銀行が立ち上げた「LBCOIN」は、ブロックチェーン技術を活用した"収集可能なデジタルコレクターコイン"を発行するプロジェクトであり、6つのカテゴリーのトークンを揃えることによって「物理的な記念硬貨」に交換することができる遊び要素の強いコインとなっています。

正式リリース後にNEMから「Symbol」へと移行

「Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fund」と「LBCOIN」では、以前からNEMの技術が活用されていたものの、Symbolリリース後にはSymbolの技術が活用されることになると報告されています。

Dave Hodgson氏はシンボル(Symbol)のことを『相互運用性とセキュリティトークンに重点を置いた企業向けのハイブリッドブロックチェーン』だと説明しています。

シンボル(Symbol/XYM)のメインネット公開時期は当初の予定よりも大幅に遅れているものの、その技術には依然として注目が集まっており、今回挙げられた2つのプロジェクト以外にも複数のプロジェクトで活用される予定であることが報告されていたため、正式にメインネットが公開された後には技術活用が急速に進むことになると期待されます。

>>「Cointelegraph」の報道はこちら

2020年10月8日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は先月3日に17円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年10月8日時点では「1XEM=12.38円」で取引されています。

2020年7月10日〜2020年10月8日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月10日〜2020年10月8日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

ドイツ老舗銀行:機関投資家向けの「暗号資産ファンド」立ち上げ

ドイツ老舗銀行:機関投資家向けの「暗号資産ファンド」立ち上げ

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

注目度の高い仮想通貨ニュース

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す