暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

by BITTIMES   

人気の暗号資産ウォレットアプリ「BRD」を運営しているスイスの会社は、2020年10月6日に「TechCrunch」を通じて同社アプリのユーザー数が600万人を突破したことを報告しました。同社は『2021年初頭までにはユーザー数が1,000万人に到達する』と予想しています。

こちらから読む:偽のウォレットアップデート通知に要注意「暗号資産」関連ニュース

BRDユーザー数「600万人」を突破

BRDはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの暗号資産を保管することができる日本でも人気のウォレットアプリであり、SBIホールディングスの100%子会社でデジタル資産関連ベンチャー企業などへの投資を行っている「SBIクリプトインベストメント」からも出資を受けています。

サービス開始以降順調にユーザー数を増加させている「BRD」は、2020年10月6日にBRDアプリのユーザー数が600万人を突破したことを明らかにしました。

2015年に設立された「BRD」は、100万ユーザーを達成するまでに4年以上かかったものの、その後は2ヶ月ごとに約100万人の新規ユーザーが追加されていると報告しています。その大半はインドやラテンアメリカ地域に居住するユーザーが占めているとのことで、同社は2021年初頭までにユーザー数が1,000万人に到達すると予想しています。

パンデミックの影響で暗号資産への関心増加

BRDの最高経営責任者(CEO)兼共同創業者であるAdam Traidman(アダム・トレイドマン)氏は、暗号資産への関心が高まっている理由としては「新型コロナウイルスによるパンデミックの影響」や「財政問題について考えた際に自分の資産を守るための手段として暗号資産が注目されていること」などをあげています。

同氏は「過去6ヶ月間でパンデミックの影響から自宅で投資について考える時間が増えたことによって、暗号資産全般やBRDが劇的に成長することになった」との考えを語っており、7月初めのBRD月間アクティブユーザー数が55万人だったことを報告しています。

「TechCrunch」の報道によると、BRDを通じて購入される最も人気の仮想通貨としては「ビットコイン」と「イーサリアム」が挙げられていますが、ベネズエラアルゼンチンインドなどといった通貨の価格が不安定な国では「米ドル関連のステーブルコイン」への関心が高まっているとのことで、東ヨーロッパ諸国での利用者数も増加してきているとされています。

>>「TechCrunch」の報道はこちら
>>「BRD」iOS版のダウンロードはこちら
>>「BRD」Android版のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す