歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

by BITTIMES

米国政府がかつて存在していた史上最大規模の闇サイト「Silk Road(シルクロード)」に関連するアドレスに保管されていた10億ドル(約1,000億円)相当のビットコインを押収したことが明らかになりました。この押収額は"米規制当局によるビットコインの押収額"としては過去最大のものであると報じられています。

こちらから読む:コインチェック、"変動型送金手数料"導入へ「暗号資産」関連ニュース

米司法省:巨額の「BTC・BCH・BSV・BTG」を押収

米国司法省が史上最大規模の闇サイトとして知られる「Silk Road(シルクロード)」に関連するアドレスから、米規制当局の歴史上過去最高額となる10億ドル(約1,000億円)相当のビットコインを押収したことが2020年11月5日に公開された文章で明らかになりました。

公開された文章によると、このアドレスはハッカーが所有するアドレスであり、米国政府はすでにアドレスの所有者を特定し、アドレス所有者との間で「BTCの押収」について同意を得ていると報告されています。

司法省はすでにこのアドレスから「6万9370.22491543BTC」を差し押さえているとのことで、同アドレスにはビットコインのハードフォークによって新たに誕生した「ビットコインキャッシュ(BCH)ビットコインSV(BSV)ビットコインゴールド(BTG)」も含まれているとされています。なお、これらの暗号資産もBTCとほぼ同じ数量が保管されていたとされています。

これらのビットコインは「Individual X」と呼ばれるハッカーが2012年〜2013年頃にシルクロードをハッキングして不法に入手したものだとみられており、ハッカーのアドレスは「1HQ3Go3ggs8pFnXuHVHRytPCq5fGG8Hbh」だと報告されています。

司法省によると、シルクロードの創設者で現在服役中のRoss Ulbricht(ロス・ウルブリヒト)氏は、以前にこのハッカーを特定し『盗んだビットコインを返却するように』と要求していたものの、このハッカーは要求に応じることなく、返却も使用もせずにBTCを保有し続けていたとされています。

今回の司法省の調査にはブロックチェーン分析企業である「Chainalysis(チェイナリシス)」などが協力したと報告されています。Chainalysisは暗号資産の追跡ツールなどを提供している大手企業であり、今年6月には同社が提供している追跡ツールが"高い匿名機能を備えた暗号資産"として知られる「ダッシュ(Dash/DASH)」や「ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)」をサポートしたことなども報告されています。

なお、米政府がこれまでに押収したビットコインはオークションを通じて投資家に販売されていたため、今回押収された巨額のビットコインも数ヶ月後にオークション形式で投資家に販売される可能性が高いとみられています。

>>「公開された文章」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

仮想通貨の利用率上昇なるか?モバイル決済市場 ー 2023年には「517兆円」規模に

仮想通貨の利用率上昇なるか?モバイル決済市場 ー 2023年には「517兆円」規模に

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

死亡した仮想通貨を確認できるサイト「Dead Coins」をリニューアル:99Bitcoins

死亡した仮想通貨を確認できるサイト「Dead Coins」をリニューアル:99Bitcoins

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

BITMAX:イーサリアム(ETH)や現金がもらえる「にゃんにゃんキャンペーン」開始

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

Morgan Stanley子会社「ビットコイン投資」検討か=Bloomberg報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す