歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

by BITTIMES

米国政府がかつて存在していた史上最大規模の闇サイト「Silk Road(シルクロード)」に関連するアドレスに保管されていた10億ドル(約1,000億円)相当のビットコインを押収したことが明らかになりました。この押収額は"米規制当局によるビットコインの押収額"としては過去最大のものであると報じられています。

こちらから読む:コインチェック、"変動型送金手数料"導入へ「暗号資産」関連ニュース

米司法省:巨額の「BTC・BCH・BSV・BTG」を押収

米国司法省が史上最大規模の闇サイトとして知られる「Silk Road(シルクロード)」に関連するアドレスから、米規制当局の歴史上過去最高額となる10億ドル(約1,000億円)相当のビットコインを押収したことが2020年11月5日に公開された文章で明らかになりました。

公開された文章によると、このアドレスはハッカーが所有するアドレスであり、米国政府はすでにアドレスの所有者を特定し、アドレス所有者との間で「BTCの押収」について同意を得ていると報告されています。

司法省はすでにこのアドレスから「6万9370.22491543BTC」を差し押さえているとのことで、同アドレスにはビットコインのハードフォークによって新たに誕生した「ビットコインキャッシュ(BCH)ビットコインSV(BSV)ビットコインゴールド(BTG)」も含まれているとされています。なお、これらの暗号資産もBTCとほぼ同じ数量が保管されていたとされています。

これらのビットコインは「Individual X」と呼ばれるハッカーが2012年〜2013年頃にシルクロードをハッキングして不法に入手したものだとみられており、ハッカーのアドレスは「1HQ3Go3ggs8pFnXuHVHRytPCq5fGG8Hbh」だと報告されています。

司法省によると、シルクロードの創設者で現在服役中のRoss Ulbricht(ロス・ウルブリヒト)氏は、以前にこのハッカーを特定し『盗んだビットコインを返却するように』と要求していたものの、このハッカーは要求に応じることなく、返却も使用もせずにBTCを保有し続けていたとされています。

今回の司法省の調査にはブロックチェーン分析企業である「Chainalysis(チェイナリシス)」などが協力したと報告されています。Chainalysisは暗号資産の追跡ツールなどを提供している大手企業であり、今年6月には同社が提供している追跡ツールが"高い匿名機能を備えた暗号資産"として知られる「ダッシュ(Dash/DASH)」や「ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)」をサポートしたことなども報告されています。

なお、米政府がこれまでに押収したビットコインはオークションを通じて投資家に販売されていたため、今回押収された巨額のビットコインも数ヶ月後にオークション形式で投資家に販売される可能性が高いとみられています。

>>「公開された文章」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

ビットコインボルト(BTCV)暗号資産取引所「Bitcoin.com Exchange」に上場

ビットコインボルト(BTCV)暗号資産取引所「Bitcoin.com Exchange」に上場

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

グレースケール:暗号資産投資信託の検討リストに「アルトコイン13銘柄」を追加

グレースケール:暗号資産投資信託の検討リストに「アルトコイン13銘柄」を追加

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す