米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

by BITTIMES

米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領が、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」で最高法務責任者(CLO)を務めていた経歴を持つBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏を「米通貨監督庁(OCC)の第32代長官」として指名したことが明らかになりました。

こちらから読む:ビットコイン価格"180万円"突破「暗号資産」関連ニュース

ブルックス氏就任は仮想通貨業界にプラス?

米ホワイトハウスは2020年11月17日に、Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領が「米通貨監督庁(OCC)の第32代長官」としてこれまでOCCで長官代理を務めていたBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏を指名したことを明らかにしました。

Brian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏は米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」で最高法務責任者(CLO)を務めていた人物でもあるため、銀行を監督する役割を担っている「米通貨監督庁」の長官にコインベースの元CLOであるブルックス氏が就任することによって、仮想通貨業界にプラスの影響がもたらされると期待されています。

ブルックス氏はこれまでにも仮想通貨業界の発展に繋がる政策を策定してきたことでも知られており、2020年7月に米貯蓄貸付組合・国民貯蓄銀行に対して暗号資産の取扱いを許可する声明を発表している他、今年9月には連邦公認銀行がステーブルコインの準備資産となる法定通貨を保管できるようにするガイダンスなども発行しています。

同氏は今回「米通貨監督庁の第32代長官」として指名を受けたことについて次のようにコメントしています。

会計監督官として157年の歴史を持つこの使命に貢献できることを誇りに思います。もし承認されれば私はこの機関がその重要な使命を果たし続け、この機関の全ての人がその職務を成功させるために必要な資源・訓練・リーダーシップを持っていることを確実にするために絶え間なく働くつもりです。

ブライアン・ブルックス氏の任期は5年間となっていますが、正式に同氏の就任が決定するためには米国上院での承認を受ける必要があります。現在は米国大統領選挙の開催を受けて臨時休会期間となっているため、議会が始まるのは2020年1月3日からとなっています。

>>「ホワイトハウス」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:過去最高額「56億円相当」のバイナンスコイン(BNB)をバーン

BINANCE:過去最高額「56億円相当」のバイナンスコイン(BNB)をバーン

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

パラグアイ政府が「仮想通貨マイニング施設」建設を全面支援|再生可能エネルギー活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

Coinbase(コインベース)「直接上場による株式公開」の計画を発表

NFTマーケットプレイス「TOKENLINK」公開|CrossLinkのアイテムが売買可能に

NFTマーケットプレイス「TOKENLINK」公開|CrossLinkのアイテムが売買可能に

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

SBIホールディングス「暗号資産分野の合弁会社設立」に向け海外企業と協議=ロイター

SBIホールディングス「暗号資産分野の合弁会社設立」に向け海外企業と協議=ロイター

地域通貨×スポーツテック×DXのファンマーケティングツール「YELLtum」実証実験開始

地域通貨×スポーツテック×DXのファンマーケティングツール「YELLtum」実証実験開始

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す