米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

by BITTIMES

米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領が、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」で最高法務責任者(CLO)を務めていた経歴を持つBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏を「米通貨監督庁(OCC)の第32代長官」として指名したことが明らかになりました。

こちらから読む:ビットコイン価格"180万円"突破「暗号資産」関連ニュース

ブルックス氏就任は仮想通貨業界にプラス?

米ホワイトハウスは2020年11月17日に、Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領が「米通貨監督庁(OCC)の第32代長官」としてこれまでOCCで長官代理を務めていたBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏を指名したことを明らかにしました。

Brian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏は米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」で最高法務責任者(CLO)を務めていた人物でもあるため、銀行を監督する役割を担っている「米通貨監督庁」の長官にコインベースの元CLOであるブルックス氏が就任することによって、仮想通貨業界にプラスの影響がもたらされると期待されています。

ブルックス氏はこれまでにも仮想通貨業界の発展に繋がる政策を策定してきたことでも知られており、2020年7月に米貯蓄貸付組合・国民貯蓄銀行に対して暗号資産の取扱いを許可する声明を発表している他、今年9月には連邦公認銀行がステーブルコインの準備資産となる法定通貨を保管できるようにするガイダンスなども発行しています。

同氏は今回「米通貨監督庁の第32代長官」として指名を受けたことについて次のようにコメントしています。

会計監督官として157年の歴史を持つこの使命に貢献できることを誇りに思います。もし承認されれば私はこの機関がその重要な使命を果たし続け、この機関の全ての人がその職務を成功させるために必要な資源・訓練・リーダーシップを持っていることを確実にするために絶え間なく働くつもりです。

ブライアン・ブルックス氏の任期は5年間となっていますが、正式に同氏の就任が決定するためには米国上院での承認を受ける必要があります。現在は米国大統領選挙の開催を受けて臨時休会期間となっているため、議会が始まるのは2020年1月3日からとなっています。

>>「ホワイトハウス」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:デビスカップby楽天の「$DAVISファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:デビスカップby楽天の「$DAVISファントークン」本日取引開始

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

c0ban取引所:暗号資産RYOがもらえる「新規口座開設・入金キャンペーン」開始

c0ban取引所:暗号資産RYOがもらえる「新規口座開設・入金キャンペーン」開始

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

LINE BITMAX:全ての暗号資産「1円」から取引可能に|BTC・ETHなど6銘柄

LINE BITMAX:全ての暗号資産「1円」から取引可能に|BTC・ETHなど6銘柄

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す