ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

by BITTIMES

米国の資産運用会社である「Digital Asset Investment Management(DAiM)」は2020年11月19日に、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を組み込んだ米国で初めてとなる確定拠出年金(401K)プランを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:Softbank孫社長、"BTCは理解できない"「暗号資産」関連ニュース

BTCを組み込んだ「確定拠出年金プラン」を提供

Digital Asset Investment Management(DAiM)は2020年11月19日に、企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して自分で運用する年金プランである「確定拠出年金(401K)」プランに仮想通貨ビットコイン(BTC)を組み合わせた米国初のプランを立ち上げたことを発表しました。

米国で最も一般的な個人で積立を行う退職後資金積立制度である「個人退職口座(IRA)」では、すでに仮想通貨に投資できるサービスが提供されていたものの、確定拠出年金プランは企業が福利厚生として提供するため、様々な優遇を受けられるメリットがあるとのことです。

DAiMは新しい確定拠出年金プランの受託者として機能するため、アドバイザーとして「投資の選定・管理・監視・ベンチマーク」など担当すると説明されています。このプランでは最大10%の資産をビットコイン(BTC)に割り当てることができるようになっており、DAiMはそれらを含めながら企業のプラン作成に助言を行うとされています。

従来の401kプランは「選択肢が不十分」だと指摘

DAiMは公式発表の中で『私たちは2018年6月にカリフォルニア州で認可を受けて以来、"401kプランでビットコインに投資したい"という個人からの高い需要を目の当たりにしてきた』と述べており、『従来の401kプランは一般的に制限があり選択肢が不足していたため、参加者に不満を与えていただけでなく、リスクが調整され、リターンが不十分であった』と指摘しています。

ビットコインは過去10年以上に渡って長期的に価格上昇を続けているため、401kプランにBTCが組み込まれることによって、従来よりも大きなリターンが得られるようになる可能性があると期待されます。

DAiMは発表の中で「ビットコインの需要が高かったこと」を報告しているため、新しい年金プランの提供が開始されることによってビットコイン市場により多くの資金が流入する可能性もあると予想されます。

なお、投資されたビットコインは米国の大手暗号資産取引所「Gemini(ジェミナイ)」を運営している「Gemini Trust」がコールドストレージで保管することになっており、参加企業を退職した元従業員は最終的にビットコインを受け取ることができるとされています。

このビットコインに対応した確定拠出年金プランは2021年から提供開始される予定となっています。

>>「DAiM」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

コインチェック:NFTマーケットプレイス事業でBCゲーム「CryptoSpells」と連携

コインチェック:NFTマーケットプレイス事業でBCゲーム「CryptoSpells」と連携

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

DMMビットコイン:BitMatch取引手数料の「キャッシュバックキャンペーン」開始

DMMビットコイン:BitMatch取引手数料の「キャッシュバックキャンペーン」開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す