ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

by BITTIMES

米国の資産運用会社である「Digital Asset Investment Management(DAiM)」は2020年11月19日に、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を組み込んだ米国で初めてとなる確定拠出年金(401K)プランを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:Softbank孫社長、"BTCは理解できない"「暗号資産」関連ニュース

BTCを組み込んだ「確定拠出年金プラン」を提供

Digital Asset Investment Management(DAiM)は2020年11月19日に、企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して自分で運用する年金プランである「確定拠出年金(401K)」プランに仮想通貨ビットコイン(BTC)を組み合わせた米国初のプランを立ち上げたことを発表しました。

米国で最も一般的な個人で積立を行う退職後資金積立制度である「個人退職口座(IRA)」では、すでに仮想通貨に投資できるサービスが提供されていたものの、確定拠出年金プランは企業が福利厚生として提供するため、様々な優遇を受けられるメリットがあるとのことです。

DAiMは新しい確定拠出年金プランの受託者として機能するため、アドバイザーとして「投資の選定・管理・監視・ベンチマーク」など担当すると説明されています。このプランでは最大10%の資産をビットコイン(BTC)に割り当てることができるようになっており、DAiMはそれらを含めながら企業のプラン作成に助言を行うとされています。

従来の401kプランは「選択肢が不十分」だと指摘

DAiMは公式発表の中で『私たちは2018年6月にカリフォルニア州で認可を受けて以来、"401kプランでビットコインに投資したい"という個人からの高い需要を目の当たりにしてきた』と述べており、『従来の401kプランは一般的に制限があり選択肢が不足していたため、参加者に不満を与えていただけでなく、リスクが調整され、リターンが不十分であった』と指摘しています。

ビットコインは過去10年以上に渡って長期的に価格上昇を続けているため、401kプランにBTCが組み込まれることによって、従来よりも大きなリターンが得られるようになる可能性があると期待されます。

DAiMは発表の中で「ビットコインの需要が高かったこと」を報告しているため、新しい年金プランの提供が開始されることによってビットコイン市場により多くの資金が流入する可能性もあると予想されます。

なお、投資されたビットコインは米国の大手暗号資産取引所「Gemini(ジェミナイ)」を運営している「Gemini Trust」がコールドストレージで保管することになっており、参加企業を退職した元従業員は最終的にビットコインを受け取ることができるとされています。

このビットコインに対応した確定拠出年金プランは2021年から提供開始される予定となっています。

>>「DAiM」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

【速報】bitFlyer:仮想通貨「BAT」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催中

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

仮想通貨マイニング機能搭載!格安スマホ「M1」発表:エレクトロニウム

仮想通貨マイニング機能搭載!格安スマホ「M1」発表:エレクトロニウム

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す