グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

by BITTIMES

G7(アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・日本)の財務相・中央銀行総裁会議のための準備された草案の中で、Libra(リブラ)のようなグローバルステーブルコインに対して『適切に規制されるまでは発行・運用に反対する』と説明されていることが「ロイター」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:ウォレットの"偽アップデート"に要注意「暗号資産」関連ニュース

「法律・規制・監督面の課題解決まで認められない」と強調

G7(日本アメリカドイツフランスイギリスカナダイタリア)の財務相・中央銀行総裁会議のための準備された草案の中では『デジタル決済技術は金融サービスへのアクセスを改善し、非効率性とコストを削減する可能性がある』との見解が述べられていると報告されています。

しかしながらこの草案の中ではそのようなデジタル決済サービスに対する懸念点も挙げられており、『財政の安定・消費者保護・プライバシー・課税・サイバーセキュリティを損なうことがないように、適切に監督・規制されなければならない』とした上で『適切に監督されなかった場合には、マネーロンダリングやテロ資金調達などに悪用され、市場の完全性やガバナンスを危ぶめ、法的確実性を損なう可能性がある』と指摘されています。

このように説明しているG7は「Libra(リブラ)」のようなグローバルステーブルコインの運用開始に反対していることを再度強調しており、『関連する法律・規制・監視などに適切に対応するまではグローバルステーブルコインを運用してはならない』と述べています。

G7は、適切な設計と適用可能な基準を遵守することによって関連する法律・規制・監督の用件に適切に対応するまでは、いかなるグローバルステーブルコインプロジェクトも運用を開始してはならないと主張し続けています。

また今回の草案の中では『新型コロナウイルスの影響で経済活動のデジタル化が進んでいることを受けて、ランサムウェア攻撃の脅威が高まっている』ということも説明されており、暗号資産を用いた支払いがこのような攻撃の影響を受けやすいことも指摘されています。

これらの攻撃は暗号資産による支払いを伴うことが多く、安全保障と繁栄に繋がる重要な機能を危険に晒しています。私たちはこの脅威と戦うために、集団で団結して取り組んでいくことを表明します。

Libra(リブラ)のような国際的に大きな影響力を持つと考えられるステーブルコインに対しては、各国から様々な懸念の声が上がっており、今年9月にはフランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダの財務大臣が『法律・規制・監督面の課題が解決されるまでは、EUに加盟する27ヵ国でステーブルコインの運用を禁止すべき』との共同声明を出したことなども報告されていました。

また、今年4月にはG20の監督機関である「金融安定理事会(FSB)」から、グローバルステーブルコインの規制・監督・監視に向けた"10の要点"を記した公式文書なども公開されています。

>>「ロイター」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

ベネズエラの「Pizza Hut(ピザハット)」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなどが利用可能に

ベネズエラの「Pizza Hut(ピザハット)」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなどが利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す