グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

by BITTIMES

G7(アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イタリア・イギリス・日本)の財務相・中央銀行総裁会議のための準備された草案の中で、Libra(リブラ)のようなグローバルステーブルコインに対して『適切に規制されるまでは発行・運用に反対する』と説明されていることが「ロイター」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:ウォレットの"偽アップデート"に要注意「暗号資産」関連ニュース

「法律・規制・監督面の課題解決まで認められない」と強調

G7(日本アメリカドイツフランスイギリスカナダイタリア)の財務相・中央銀行総裁会議のための準備された草案の中では『デジタル決済技術は金融サービスへのアクセスを改善し、非効率性とコストを削減する可能性がある』との見解が述べられていると報告されています。

しかしながらこの草案の中ではそのようなデジタル決済サービスに対する懸念点も挙げられており、『財政の安定・消費者保護・プライバシー・課税・サイバーセキュリティを損なうことがないように、適切に監督・規制されなければならない』とした上で『適切に監督されなかった場合には、マネーロンダリングやテロ資金調達などに悪用され、市場の完全性やガバナンスを危ぶめ、法的確実性を損なう可能性がある』と指摘されています。

このように説明しているG7は「Libra(リブラ)」のようなグローバルステーブルコインの運用開始に反対していることを再度強調しており、『関連する法律・規制・監視などに適切に対応するまではグローバルステーブルコインを運用してはならない』と述べています。

G7は、適切な設計と適用可能な基準を遵守することによって関連する法律・規制・監督の用件に適切に対応するまでは、いかなるグローバルステーブルコインプロジェクトも運用を開始してはならないと主張し続けています。

また今回の草案の中では『新型コロナウイルスの影響で経済活動のデジタル化が進んでいることを受けて、ランサムウェア攻撃の脅威が高まっている』ということも説明されており、暗号資産を用いた支払いがこのような攻撃の影響を受けやすいことも指摘されています。

これらの攻撃は暗号資産による支払いを伴うことが多く、安全保障と繁栄に繋がる重要な機能を危険に晒しています。私たちはこの脅威と戦うために、集団で団結して取り組んでいくことを表明します。

Libra(リブラ)のような国際的に大きな影響力を持つと考えられるステーブルコインに対しては、各国から様々な懸念の声が上がっており、今年9月にはフランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダの財務大臣が『法律・規制・監督面の課題が解決されるまでは、EUに加盟する27ヵ国でステーブルコインの運用を禁止すべき』との共同声明を出したことなども報告されていました。

また、今年4月にはG20の監督機関である「金融安定理事会(FSB)」から、グローバルステーブルコインの規制・監督・監視に向けた"10の要点"を記した公式文書なども公開されています。

>>「ロイター」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

BINANCE:DeFiトークン「Compound(COMP)」の取扱い開始

BINANCE:DeFiトークン「Compound(COMP)」の取扱い開始

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す