ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

by BITTIMES

「LayerX」と「xID」は2020年12月3日に、"ブロックチェーン技術やデジタルIDを活用した安全かつ利便性の高いデジタル社会の実現"に向けて「石川県加賀市」と連携協定を締結したことを発表しました。石川県加賀市、LayerX、xIDの3者は『行政サービスのデジタル化推進に向けた取り組みの一環として、加賀市の政策に関する電子投票実現に向けた検討を開始する』と説明しています。

こちらから読む:ふるさと納税でBTCがもらえるキャンペーン開催「国内ニュース」

「石川県加賀市、LayerX、xID」が連携協定を締結

石川県加賀市、LayerX、xIDの3者は2020年12月3日に「ブロックチェーン技術やデジタルIDを活用した安全かつ利便性の高いデジタル社会の実現」に向けて連携協定を締結したことを発表しました。

加賀市は人口減少や高齢化が急速に進んでいる中で"利便性の高い行政サービスの提供"に向けた取り組みを進めており、2018年には「ブロックチェーン都市宣言」を発表し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による市役所業務の一部自動化などデジタル化を推進しています。

2019年にはブロックチェーン技術を活用したデジタルIDソリューションを提供している「xID」と連携協定を締結し、2020年8月には同ソリューションを活用した電子申請サービスの提供が開始されていましたが、今回は新たにプライバシー保護と個人情報活用の両立に向けて秘匿化・匿名化技術の研究開発を推進している「LayerX」とも連携協定を結んだことが報告されています。

加賀市はブロックチェーン技術を広く活用することによって「より改ざん耐性と透明性が高い行政システム」を構築することを目指していましたが、ブロックチェーンの特性上データ保護やプライバシーの観点から情報の秘匿性・匿名性の担保が難しく、それらが社会実装における課題になっていたと説明されています。

LayerXは次世代のプライバシー保護技術である「Anonify」をはじめとする秘匿化・匿名化技術の研究開発を推進してきている企業であるため、同社が協力することによってそれらの課題を解決することができると期待されています。

技術連携で「利便性の高い電子投票技術」を構築

今後の取り組みについては『加賀市における課題解決の手段としてブロックチェーン技術をどう活用ができるかの討議を三者間で協力して取り進める』と説明されており、具体的な内容としては『取り組みの第一弾として、ブロックチェーン及びデジタルID技術を活用した市の政策に関する電子投票(インターネット投票)の実現に向けて検討を開始する』と報告されています。

LayerXは「投開票プロセスの透明性と投票内容の秘匿性を両立した電子投票プロトコル」を研究・開発しており、xIDは「本人であることを証明しながら一人につきID一つのみを発行できる技術」を有しているため、両社の技術を連携させることによって"投票の秘密を守りながら一人一票主義を担保できる利便性の高い電子投票技術"を構築することができると期待されています。

今後は「電子投票プラットフォームを提供する事業者との提携」も視野に入れながら根幹技術に関する議論を進め、民意の反映や市政の透明性の担保を目的として、加賀市の施策に関する電子投票の実現可能性を検討していくとのことです。

>>「LayerX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

NFTマーケットプレイス「TOKENLINK」公開|CrossLinkのアイテムが売買可能に

NFTマーケットプレイス「TOKENLINK」公開|CrossLinkのアイテムが売買可能に

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

注目度の高い仮想通貨ニュース

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す