LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

by BITTIMES

「LayerX(レイヤーエックス)」と「ウフル(Uhuru)」は2020年8月3日に、安全・安心なデータ流通の実現に向けて"IoTブロックチェーン"の分野で協業することを発表しました。

こちらから読む:BC開発企業アーリーワークス、約1億円の資金調達「国内ニュース」

両者の強みを活かし「安全・安心なデータ流通」を実現

LayerX(レイヤーエックス)は「すべての経済活動をデジタル化する」をミッションに掲げ、ブロックチェーン技術を軸として金融領域を始めとする様々な産業のデジタル化を推進している企業であり、今月1日には行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業などと共同研究を手掛ける研究開発組織「LayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)」しています。

ウフル(Uhuru)は「テクノロジーと自由な発想で、持続可能な社会を創る」を企業理念に掲げ、IoTでデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するために必要な「コンサルティング・エンジニアリング・クリエイティブ・IPマネジメント・データアナリティクス・マーケティング」までをワンストップで提供している企業であり、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を含めたクラウドとエッジをつなぐテクノロジーを用いてデータを活用し、顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。

LayerXとUhuruは、日本政府が目指している経済発展と社会課題の解決が両立した社会「Society 5.0」では、スマートシティサプライチェーンをはじめとした様々な分野でサイバーとリアルが融合し、IoTデバイス間でも自律的に膨大かつ多様なデータが取引されるようになり、IoTがさらに進展していくと、人間を介さないデバイス間でのデータのやり取りが増加し、AI(人工知能)を活用しながら様々な判断や決定がなされていくことになるものの『仮に"改ざんされたデータ"がデバイス間で流通した場合には重大な事故を引き起こす可能性がある』と指摘しています。

両社はこのような問題が潜んでいる中で"安全・安心なデータ流通"を実現するためには「データの発生源であるデバイスの信頼性を担保すること」や「ブロックチェーン技術を活用して改ざん耐性を備えたデータを取り扱うこと」が重要になると述べており、信頼できるデータを流通させて"安全・安心なデータ流通"を実現するために協業していくことで合意したと説明しています。

「ウフル」はスマートシティやサプライチェーンに繋がる多数のIoTプロジェクトをセンサー/デバイスメーカーと共同で推進している他、センサー/デバイスの製造工程からソフトウェアの改変まで継続的に監査可能な状態を保ち、デバイスの信頼性を担保する技術に関する知財も獲得しており、「LayerX」はスマートシティ関連の取り組みの中でプロセッサのセキュリティ機能である「TEE(Trusted Execution Environment」を活用したブロックチェーンの次世代プライバシー保護技術である「Anonify」などの開発を推進しているため、両社はIoT・ブロックチェーンに関する両社の強みを活かして、安全・安心なデータの条件を5段階で定義した「5-Star Trusted Data」を実現すべくデータ流通基盤作りを推進していくと説明しています。

(画像:LayerX)(画像:LayerX)

またこの他にも、ユースケースやビジネスの創出に向けてセンサーやデバイス領域を横断する人的交流や情報交換を支援する「Trusted Device Network」をテーマとしたコンソーシアムの設立を視野に入れた活動なども実施していくとのことです。

>>「LayerX」の公式発表はこちら
>>「ウフル」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

KuCoin:1億ドル規模のNFT関連ファンド「Creators Fund」立ち上げ

KuCoin:1億ドル規模のNFT関連ファンド「Creators Fund」立ち上げ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す