今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

by BITTIMES

伝説の投資家とも呼ばれる米国の著名ヘッジファンドマネージャーPaul Tudor Jones(ポール・チューダー・ジョーンズ)氏は、2020年12月3日に行われた「Yahoo!Finance」のインタビューの中で『ビットコインは1999年のインターネット株を思い起こさせる』と語り、「BTC価格は最終的に大きく上昇することになる」との強気な見解を示しました。

こちらから読む:S&Pダウ・ジョーンズ、"暗号資産指数"提供へ「暗号資産」関連ニュース

「現在のBTC時価総額は小さすぎる」と指摘

Paul Tudor Jones(ポール・チューダー・ジョーンズ)氏は2019年時点で78億ドル(約8,100億円)の資産を管理する米国の資産運用会社「Tudor Investment Corporation」の創設者兼CEOであり、業界では"伝説の投資家"とも呼ばれています。

同氏は以前から仮想通貨ビットコイン(BTC)に小規模な投資を行なっていることを明かしていましたが、2020年12月3日に行われた「Yahoo!Finance」とのインタビューの中では、同氏が依然としてビットコインの将来に強気姿勢を維持していることが明らかにされています。

ジョーンズ氏は『私はビットコインの専門家ではない』と説明しながらも、「世界の株式市場や法定通貨の規模やビットコインが有する可能性を考慮して考えると現在のBTC時価総額は小さすぎる」と指摘し、「暗号資産市場は今後20年間で大幅に成長するだろう」と予想しています。

さらにジョーンズ氏は『ビットコインはインターネット誕生初期である1999年のインターネット株を思い起こさせる』とも語っており、『インターネット誕生当初はインターネットがどのように機能するかを理解できている人がほとんどおらず、一部の企業は倒産してしまったが、その他のインターネット企業は最終的に世界的な大企業へと成長している』ということを説明しています。

ジョーンズ氏は世界中で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発が進められていることなどから『今後20年間で主権国家を含めた全ての人々が"何かしらのデジタル通貨"を使用するようになる』と予想しており、その頃にはデジタル通貨市場が現在の金属市場のようなものになり、ビットコインのような希少性の高い仮想通貨が金(ゴールド/Gold)の役割を担い、その他のアルトコインが銅・鉛・アルミニウムなどといった工業用金属のような役割を担うようになるかもしれないと予想しています。

同氏は工業用金属のような役割を担うアルトコインにも、将来的に一定の価値がつけられる可能性があると予想しているものの、自分自身が投資する暗号資産に関しては『ビットコイン一択だ』と語っています。

>>「Yahoo!Finance」の報道はこちら

2020年12月4日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月1日に再び200万円台まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年12月4日時点では「1BTC=2,009,621円」で取引されています。

2020年11月20日〜2020年12月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月20日〜2020年12月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スゴい!リップル(XRP):56億円の送金手数料は「34円」ー Michael Arrington

スゴい!リップル(XRP):56億円の送金手数料は「34円」ー Michael Arrington

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

ブロックチェーン用いた「医療用大麻の情報追跡アプリ」今夏公開へ:ウルグアイ企業

ブロックチェーン用いた「医療用大麻の情報追跡アプリ」今夏公開へ:ウルグアイ企業

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す