イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

by BITTIMES   

イタリアのオートバイメーカーである「Soriano Motori」は2020年12月14日に、支払い手段としてビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)などといった複数の仮想通貨(暗号資産)を受け入れ始めたことを発表しました。バイクブランドが仮想通貨決済に対応するのは世界初の事例だと報告されています。

こちらから読む:Abra、Apple Payなどの様々な決済手段に対応「暗号資産」関連ニュース

世界初の「仮想通貨決済対応オートバイメーカー」誕生

イタリアのオートバイブランドである「Soriano Motori」は2020年12月14日に、同社が仮想通貨決済に対応したことを発表しました。Soriano Motoriは今回の発表の中で『一部の自動車会社・中古車販売店はすでに仮想通貨決済を受け入れていたが、仮想通貨決済を受け入れるオートバイメーカーは世界初である』と説明しています。

決済手段として利用可能な暗号資産としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・ライトコインキャッシュ(LitecoinCash/LCC)
などが挙げられており、『幅広いデジタル通貨を受け入れることによって、通貨や出身国に関係なく全ての顧客が容易にバイクを購入することができるようになった』と説明されています。

新型電動バイクも「仮想通貨決済」で購入可能

(画像:Soriano Motori)(画像:Soriano Motori)

Soriano Motoriは最近、水冷式のブラシレスモーターや、15kWhから20kWhまでの大容量リチウムイオン電池で構成されたデュアルバッテリーシステム「LIB Anti-virus pack」を搭載した新型電動バイク「GIAGUARO V1」シリーズを公開しており、これらのバイクは日本の一部メディアでも取り上げられています。

GIAGUARO V1シリーズでは「GIAGUARO V1R、GIAGUARO V1S、GIAGUARO V1 GARA」という3つのモデルが「25,500ユーロ(約320万円)、30,500ユーロ(約384万円)、32,500ユーロ(約410万円)」の価格で販売されていますが、これらのモデルも仮想通貨決済で購入することができるとされています。

「Soriano Motori」のeコマースストアは、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」の仮想通貨取引プラットフォームに統合されており、高度なブロックチェーンシステムを使用して取引のセキュリティを保証すると説明されています。

Soriano Motoriの創設者であるM.Soriano氏は『仮想通貨決済が導入されたことによって全てのクライアントは暗号資産がもたらす大きな利点の恩恵を受けることができる』と語っています。

全てのお客様は暗号資産がもたらす大きな利点から利益を得ることができます。ビットコインなどのデジタル通貨を採用することによって、為替レートの変動に注意を払うことなく、手数料なしで国際取引を行うことが可能です。

仮想通貨決済は中古車販売店などでは導入されていましたが、自動車やバイクの製造元が仮想通貨決済に対応する事例はまだ少ないため、「Soriano Motori」が仮想通貨決済を受け入れたことによって、今後はその他の大手メーカーでも仮想通貨決済の導入が進むことになると期待されます。

>>「Soriano Motori」の公式発表はこちら
>>「Soriano Motori」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer:暗号資産アンケート調査で「国内No.1」多数獲得|投資未経験者も増加傾向

bitFlyer:暗号資産アンケート調査で「国内No.1」多数獲得|投資未経験者も増加傾向

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す