カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

by BITTIMES

カナダの政府機関である「カナダ天然資源省」は2020年11月11日に、ブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)の充電管理プラットフォームを手掛けている「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供を行ったことを発表しました。

こちらから読む:デジタル庁、2021年9月にも発足へ「ブロックチェーン」関連ニュース

カナダ政府機関「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供

カナダ天然資源省は2020年11月11日のツイートで、ブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)の充電プラットフォームを開発している企業「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供を行ったことを発表しました。

公共のEV充電コストを削減すると、電気自動車をより安く簡単に運転することができるようになります。 本日「Swtch Energy」に100万ドルを投資したことを発表しました。同社のEV充電管理プラットフォームは、コストを削減し、グリッド効率を高めることを目的としています。

「Swtch Energy」はエネルギーネットワーク関連のソフトウェア会社である「Opus One Solutions」と提携して、ブロックチェーン基盤とした電気自動車充電プラットフォームのテストプロジェクトに取り組んでいるため、今回同社はこの3年間のパイロットプロジェクトに関連して「カナダ天然資源省」から資金提供を受けています。

電気自動車は「車輪付きのバッテリー」

「Swtch Energy」と「Opus One Solutions」は、電気自動車充電時のトランザクションコストを削減して電力網の効率を高めることを目的としており、『電気自動車は単なる代替動力車ではなく"車輪付きのバッテリー"である』という発想から生まれたものであると報じられています。

従来の一般的な電気自動車は「車を充電してその電力で走る」ことをメインとしていますが、両社が開発しているシステムは「電気自動車と建物などが双方向で充電できる仕組み」を採用しているため、"夜間は安価な電力を使用してEVを充電し、日中のピーク時には建物に余剰電力を供給する"ということが可能になるとのことです

建物に電力を供給する電気自動車の所有者は、供給した電力に応じた対価を受け取ることができるため、「電力を効率的に利用しながら電気自動車の所有者も適切な対価を受け取れる」という新しい仕組みが出来上がると期待されます。

なお、ブロックチェーン技術はこれらの電力取引を記録するために使用されているため、電力供給量などのデータ改ざんを防いで安心して電力をやり取りできる環境が構築されています。

「Swtch Energy」のCEOであるCarter Li氏は「Electric Autonomy Canada」に対して次のように語っています。

そこに座っているだけのバッテリーリザーブストレージが豊富にあります。ほとんどの人は10%の時間しか車を運転していません。これらの電気自動車を使用してピーク時のエネルギー需要を削減します。グリッドをより安定させるために使用できるものは全てあります。

電気自動車(EV)を電力貯蔵庫として活用して、電気自動車から電力を供給する」という考え方は世界的に広まってきており、昨年5月には「HONDA(ホンダ)」と「General Motors(ゼネラルモーターズ)」が"電気自動車を蓄電池として活用するスマートグリッド(次世代送電網)に関する共同研究"を開始したことなども報告されています。

このようなプロジェクトでもブロックチェーン技術は重要な役割をになっているため、今後もブロックチェーン技術は次世代型自動車の開発で積極的に活用されていくことになると予想されます。

>>「Electric Autonomy Canada」の報道はこちら
>>「Swtch Energy」の公式サイトはこちら
>>「Opus One Solutions」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

ブロックチェーン・カードゲーム「Nifty Football」サッカー選手トークンをETHで取引

ブロックチェーン・カードゲーム「Nifty Football」サッカー選手トークンをETHで取引

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

Huobi Japan:販売所で「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始

Huobi Japan:販売所で「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月16日〜22日

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す