カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

by BITTIMES

カナダの政府機関である「カナダ天然資源省」は2020年11月11日に、ブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)の充電管理プラットフォームを手掛けている「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供を行ったことを発表しました。

こちらから読む:デジタル庁、2021年9月にも発足へ「ブロックチェーン」関連ニュース

カナダ政府機関「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供

カナダ天然資源省は2020年11月11日のツイートで、ブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)の充電プラットフォームを開発している企業「Swtch Energy」に100万ドルの資金提供を行ったことを発表しました。

公共のEV充電コストを削減すると、電気自動車をより安く簡単に運転することができるようになります。 本日「Swtch Energy」に100万ドルを投資したことを発表しました。同社のEV充電管理プラットフォームは、コストを削減し、グリッド効率を高めることを目的としています。

「Swtch Energy」はエネルギーネットワーク関連のソフトウェア会社である「Opus One Solutions」と提携して、ブロックチェーン基盤とした電気自動車充電プラットフォームのテストプロジェクトに取り組んでいるため、今回同社はこの3年間のパイロットプロジェクトに関連して「カナダ天然資源省」から資金提供を受けています。

電気自動車は「車輪付きのバッテリー」

「Swtch Energy」と「Opus One Solutions」は、電気自動車充電時のトランザクションコストを削減して電力網の効率を高めることを目的としており、『電気自動車は単なる代替動力車ではなく"車輪付きのバッテリー"である』という発想から生まれたものであると報じられています。

従来の一般的な電気自動車は「車を充電してその電力で走る」ことをメインとしていますが、両社が開発しているシステムは「電気自動車と建物などが双方向で充電できる仕組み」を採用しているため、"夜間は安価な電力を使用してEVを充電し、日中のピーク時には建物に余剰電力を供給する"ということが可能になるとのことです

建物に電力を供給する電気自動車の所有者は、供給した電力に応じた対価を受け取ることができるため、「電力を効率的に利用しながら電気自動車の所有者も適切な対価を受け取れる」という新しい仕組みが出来上がると期待されます。

なお、ブロックチェーン技術はこれらの電力取引を記録するために使用されているため、電力供給量などのデータ改ざんを防いで安心して電力をやり取りできる環境が構築されています。

「Swtch Energy」のCEOであるCarter Li氏は「Electric Autonomy Canada」に対して次のように語っています。

そこに座っているだけのバッテリーリザーブストレージが豊富にあります。ほとんどの人は10%の時間しか車を運転していません。これらの電気自動車を使用してピーク時のエネルギー需要を削減します。グリッドをより安定させるために使用できるものは全てあります。

電気自動車(EV)を電力貯蔵庫として活用して、電気自動車から電力を供給する」という考え方は世界的に広まってきており、昨年5月には「HONDA(ホンダ)」と「General Motors(ゼネラルモーターズ)」が"電気自動車を蓄電池として活用するスマートグリッド(次世代送電網)に関する共同研究"を開始したことなども報告されています。

このようなプロジェクトでもブロックチェーン技術は重要な役割をになっているため、今後もブロックチェーン技術は次世代型自動車の開発で積極的に活用されていくことになると予想されます。

>>「Electric Autonomy Canada」の報道はこちら
>>「Swtch Energy」の公式サイトはこちら
>>「Opus One Solutions」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

ジャスミー:JasmyCoin(JMY)も活用する「医療関連の新プロジェクト」発表

ジャスミー:JasmyCoin(JMY)も活用する「医療関連の新プロジェクト」発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

DEXTools:SHIB関連の分散型取引所「ShibaSwap」をサポート

DEXTools:SHIB関連の分散型取引所「ShibaSwap」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す