Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

by BITTIMES

ビデオストリーミングに特化したブロックチェーンネットワーク「シータ(Theta/THETA)」を運営している「Theta Labs」は、2020年12月19日にChrome(クローム)ブラウザで利用可能な拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」がリリースされたことを発表しました。

こちらから読む:メルカリ、暗号資産関連サービスを検討「暗号資産」関連ニュース

豊富な機能を搭載した拡張機能「Theta Wallet」公開

ビデオストリーミングに特化したブロックチェーンネットワーク「シータ(Theta/THETA)」を運営している「Theta Labs」は、モバイルやウェブで使用する全ての機能を搭載した新しいChrome拡張機能「Theta Wallet(シータウォレット)」をリリースしたことを発表しました。

Theta Wallet(シータウォレット)はGoogleが提供するウェブブラウザ「Google Chrome(グーグル・クローム)」上でTheta関連の暗号資産を管理することができる拡張機能であり、イーサリアム関連の主流ウォレット「MetaMask(メタマスク)」のような使いやすいデザインで設計されています。

この拡張機能はブラウザ上でアカウントに保管されているTheta関連の仮想通貨を直接管理できるだけでなく、複数のアカウントを作成したり、THETAやTFUELを送金したり、ガーディアンノードにステークしたり、TNT-20トークンを管理したりすることができるようになっています。

(画像:Theta Labs)(画像:Theta Labs)

また「Theta Wallet」では、新しいウォレットの作成に加えて、秘密鍵やキーストアファイルを使用した既存ウォレットのインポートも行うことができるため、すでにThetaのウォレットを使用している方はそのアカウントを引き継ぐことも可能です。

Theta Labsは分散型アプリケーション(DApps)の開発者が「Theta Wallet」をDAppsに接続できるようにするための方法を記した「開発者向けガイドライン」も公開しているため、今後はより多くのDAppsと「Theta Wallet」を接続することができるようになると期待されます。

Theta Wallet(シータウォレット)はすでに「Chromeウェブストア」で公開されているため、THETAを保有している方は拡張機能の導入を検討してみると良いでしょう。

>>「Theta Labs」の公式発表はこちら
>>「Theta Wallet」のダウンロードはこちら
>>「開発者向けガイド」はこちら

2020年12月19日|シータ(THETA)の価格

シータ(Theta Network/THETA)の価格は今年3月に5円台まで下落したものの、その後は順調に上昇を続けており、2020年12月19日時点では「1THETA=97.41円」で取引されています。

>>「THETA」を取り扱っている仮想通貨取引所BINANCEはこちら

2020年3月19日〜2020年6月17日 THETA/JPYのチャート(画像:Coingecko)2020年3月19日〜2020年6月17日 THETA/JPYのチャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す