ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

by BITTIMES

世界3位の自動車部品メーカーである「Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

こちらから読む:蒸留酒の樽管理アプリ提供へ「ブロックチェーン」関連ニュース

「Most Advanced Parts System(MAPS)」発表

Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

現代モービスは韓国の大手自動車メーカー「Hyundai(現代/ヒュンダイ)」の系列会社の自動車部品専門企業であり、自動車部品でデンソーに次ぐ世界3位の大手自動車部品メーカーとして知られています。

今回発表された「Most Advanced Parts System(MAPS)」は、自動車部品の供給を効率化させるための総合的な情報システムであり、生産・在庫・物流・販売などの膨大なデータをブロックチェーンで分散管理し、人工知能による事前予測を行うことによって部品供給問題などを解決できるように設計されていると伝えられています。

このシステムは物流センターをはじめとする韓国国内3万5,000ほどの部品販売店・整備業者などに加えて、海外200カ国以上にある1万6,000のディーラーなどといった約10万人が部品の購入・物流・品質管理などのために使用することになると説明されています。

MAPS導入で可能になること

現代モービスは「Most Advanced Parts System(MAPS)」を導入することによって、全世界の部品の生産・物流・移動過程をリアルタイムで確認することができるようになるため、『不必要な輸送コストを削減して、海外でも現地のデータに基づいて迅速な判断を下すことができるようになり、顧客満足度を最大化させることができると期待している』とコメントしています。

また、このシステムの導入によって最終的な消費者も製品の包装に記載されたQRコードをスキャンして『製品が本物であるかどうか』を確認することができるようになるため、"偽物部品"などの問題にも対処することができると期待されています。

さらに、整備業者に車両を持ち込んだ場合には、車両番号をスキャンするだけで必要な部品を見つけることができるようになり、整備履歴を顧客に送信することもできるとされています。将来的には一般の車両所有者に対して「整備履歴を管理することができるモバイルアプリ」なども提供する予定だと報告されています。

現代モービスのMAPS担当者は『現代自動車や起亜自動車を利用しているお客様に改良された部品供給サービスを提供するために4次産業などのIT新技術を先制的に導入した。今後も自律走行車や電気自動車などといった未来の車のモビリティサービスに特化した物流プラットフォームの構築に邁進していく』とコメントしています。

>>「現代モービス」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す