ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

by BITTIMES

世界3位の自動車部品メーカーである「Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

こちらから読む:蒸留酒の樽管理アプリ提供へ「ブロックチェーン」関連ニュース

「Most Advanced Parts System(MAPS)」発表

Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

現代モービスは韓国の大手自動車メーカー「Hyundai(現代/ヒュンダイ)」の系列会社の自動車部品専門企業であり、自動車部品でデンソーに次ぐ世界3位の大手自動車部品メーカーとして知られています。

今回発表された「Most Advanced Parts System(MAPS)」は、自動車部品の供給を効率化させるための総合的な情報システムであり、生産・在庫・物流・販売などの膨大なデータをブロックチェーンで分散管理し、人工知能による事前予測を行うことによって部品供給問題などを解決できるように設計されていると伝えられています。

このシステムは物流センターをはじめとする韓国国内3万5,000ほどの部品販売店・整備業者などに加えて、海外200カ国以上にある1万6,000のディーラーなどといった約10万人が部品の購入・物流・品質管理などのために使用することになると説明されています。

MAPS導入で可能になること

現代モービスは「Most Advanced Parts System(MAPS)」を導入することによって、全世界の部品の生産・物流・移動過程をリアルタイムで確認することができるようになるため、『不必要な輸送コストを削減して、海外でも現地のデータに基づいて迅速な判断を下すことができるようになり、顧客満足度を最大化させることができると期待している』とコメントしています。

また、このシステムの導入によって最終的な消費者も製品の包装に記載されたQRコードをスキャンして『製品が本物であるかどうか』を確認することができるようになるため、"偽物部品"などの問題にも対処することができると期待されています。

さらに、整備業者に車両を持ち込んだ場合には、車両番号をスキャンするだけで必要な部品を見つけることができるようになり、整備履歴を顧客に送信することもできるとされています。将来的には一般の車両所有者に対して「整備履歴を管理することができるモバイルアプリ」なども提供する予定だと報告されています。

現代モービスのMAPS担当者は『現代自動車や起亜自動車を利用しているお客様に改良された部品供給サービスを提供するために4次産業などのIT新技術を先制的に導入した。今後も自律走行車や電気自動車などといった未来の車のモビリティサービスに特化した物流プラットフォームの構築に邁進していく』とコメントしています。

>>「現代モービス」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

HEXA(ヘキサ)第2回住民票NFTの無償配布「3月7日まで」実施

HEXA(ヘキサ)第2回住民票NFTの無償配布「3月7日まで」実施

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す