ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

by BITTIMES

世界3位の自動車部品メーカーである「Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

こちらから読む:蒸留酒の樽管理アプリ提供へ「ブロックチェーン」関連ニュース

「Most Advanced Parts System(MAPS)」発表

Hyundai Mobis(現代モービス)」は2021年1月3日に、ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用した自動車部品供給の効率を向上させるためのシステムである「Most Advanced Parts System(MAPS)」を発表しました。

現代モービスは韓国の大手自動車メーカー「Hyundai(現代/ヒュンダイ)」の系列会社の自動車部品専門企業であり、自動車部品でデンソーに次ぐ世界3位の大手自動車部品メーカーとして知られています。

今回発表された「Most Advanced Parts System(MAPS)」は、自動車部品の供給を効率化させるための総合的な情報システムであり、生産・在庫・物流・販売などの膨大なデータをブロックチェーンで分散管理し、人工知能による事前予測を行うことによって部品供給問題などを解決できるように設計されていると伝えられています。

このシステムは物流センターをはじめとする韓国国内3万5,000ほどの部品販売店・整備業者などに加えて、海外200カ国以上にある1万6,000のディーラーなどといった約10万人が部品の購入・物流・品質管理などのために使用することになると説明されています。

MAPS導入で可能になること

現代モービスは「Most Advanced Parts System(MAPS)」を導入することによって、全世界の部品の生産・物流・移動過程をリアルタイムで確認することができるようになるため、『不必要な輸送コストを削減して、海外でも現地のデータに基づいて迅速な判断を下すことができるようになり、顧客満足度を最大化させることができると期待している』とコメントしています。

また、このシステムの導入によって最終的な消費者も製品の包装に記載されたQRコードをスキャンして『製品が本物であるかどうか』を確認することができるようになるため、"偽物部品"などの問題にも対処することができると期待されています。

さらに、整備業者に車両を持ち込んだ場合には、車両番号をスキャンするだけで必要な部品を見つけることができるようになり、整備履歴を顧客に送信することもできるとされています。将来的には一般の車両所有者に対して「整備履歴を管理することができるモバイルアプリ」なども提供する予定だと報告されています。

現代モービスのMAPS担当者は『現代自動車や起亜自動車を利用しているお客様に改良された部品供給サービスを提供するために4次産業などのIT新技術を先制的に導入した。今後も自律走行車や電気自動車などといった未来の車のモビリティサービスに特化した物流プラットフォームの構築に邁進していく』とコメントしています。

>>「現代モービス」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

注目度の高い仮想通貨ニュース

SEBC:最大1万円相当のETCが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

SEBC:最大1万円相当のETCが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

米Coinbase:暗号資産ウォレット「BRD」を買収|Bread価格は1日で10倍に急騰

米Coinbase:暗号資産ウォレット「BRD」を買収|Bread価格は1日で10倍に急騰

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

南米最大のEC企業「Mercado Libre」ブラジルで暗号資産の売買・保管サービス提供へ

南米最大のEC企業「Mercado Libre」ブラジルで暗号資産の売買・保管サービス提供へ

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Socios.com:サッカー世界年間最優秀選手賞「バロンドール」の2021年公式パートナーに

Socios.com:サッカー世界年間最優秀選手賞「バロンドール」の2021年公式パートナーに

Bybit「ネム(NEM/XEM)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「ネム(NEM/XEM)の現物取引サービス」提供開始

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

ビットバンク「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」取扱いへ|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」取扱いへ|取引手数料無料キャンペーンも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す