仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

by BITTIMES   

先月開催されたG20首脳会議では、仮想通貨の世界的な規制に関する議論も行われました。CCNがCriptomoedasFácilと協力して、会議中に議論された主な要点をまとめた内容を公開していましたので、その内容を紹介します。

議論された主な要点

CNNが公開したG20サミットの主な取り組みは次のような内容となっています。

仮想通貨/ブロックチェーンは国によって採用されるべきである

G20参加者は、経済システムの境界にいる人々に仮想通貨を認識することに同意しました。

彼らは(スペインの財務大臣によると)福祉政策を広げるために政府を支援することができることを理解しているとのことです。

各国は伝統的経済の終焉を認めている

閣僚は、もはやデジタル時代を経済から切り離すことは不可能であることに同意しました。

伝統的な経済は、デジタル時代へ移行するための過程を経ているとしています。

規制は避けられない

経済がデジタル時代へ移行することは、規制の必要性を無効にしません。

ユーザーは規制された国の一部であるため、他のタイプの事業と同様に規則を課す必要があります。

禁止はしないが、規制する必要がある

G20メンバーは、仮想通貨を「禁止することはできないが、規制する必要がある」という意見に全会一致で合意した。

デジタル通貨は重要であり、経済と社会組織の革命を表しているため、禁止することはできないが規制する必要があるとのことです。

規制は技術革新を妨げないが課税はほぼ確実

規制は技術の進歩を妨げてはならないとの意見で合意されましたが、課税はほぼ確実です。

規制プロセスは非常に慎重に扱われているため、技術の発展を阻害するような厳しい規則にはなりえません。

しかし、さまざまな手続きで発生する可能性のある手数料の適用は事実上確実です。

最初の規制提案は7月に発表される予定

中央銀行総裁/FAF(Financial Action Task Force)/OECDが、G20の規制案を担当します。

規制に関する最初の実践的な提案は、今年7月に第3回財務大臣会議と中央銀行会長会議で発表される予定です。

犯罪の防止

規制の提案は、通貨の回避/テロ資金供与/マネーロンダリング/消費者保護などの、不正行為の防止に焦点を当てたものになります。

つまり、ICO/暗号通貨プロジェクトなどで、詐欺行為が行われるのを避けるものとなります。

トラッキングとKYC

KYC(Know Your Customer/顧客確認)とデジタルアイデンティティ(属性情報)の基準を設定することは、暗号通貨の動きを追跡する方法を議論する際に役立ちます。

(引用:CCN.com

G20サミットの関連記事

今回のG20サミットに関連する記事は次の通りです。

各国代表者のコメント

各国代表者の会議でのコメントはこちらの記事からどうぞ。

仮想通貨は経済における通貨の役割を果たしていない

G20首脳会議の概要と規制状況

サミットが開催される以前に公開した、G20首脳会議の概要と各国の規制状況をまとめた記事はこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ビットコイン価格にも影響か?EU加盟国「ブレグジットの延期」に合意

ビットコイン価格にも影響か?EU加盟国「ブレグジットの延期」に合意

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

注目度の高い仮想通貨ニュース

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す