タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

by BITTIMES

タイの暗号資産取引所で新規口座開設を行う際の本人確認手続き(KYC)基準が強化され、顧客の身元を直接確認するために「物理的に立ち会うこと」が求められるようになる可能性があることが複数の報道で明らかになりました。報道によると、タイの規制当局は国民IDカードのチップをスキャンするための「ディップチップ」と呼ばれる機器の導入を求めているとされています。

こちらから読む:ドージコイン価格、70円台まで高騰「暗号資産」関連ニュース

本人確認で「国民IDカードのスキャン」求める

タイのメディアである「Bangkok Post」の報道によると、タイの金融規制当局である「アンチマネーロンダリング局(AMLO)」は『暗号資産取引所は顧客が実在することを確認するために「dip-chip(ディップチップ)」と呼ばれる機器を用いて新規ユーザーの身元を確認する必要がある』と発表したと報告されています。

現在タイの暗号資産取引所で新規口座開設を行う際には「必要な書類をオンラインで提出する」という日本でも一般的な方法で本人確認手続き(KYC)を行うことができますが、「ディップチップマシン」が導入されると国民IDカードに埋め込まれたチップをスキャンする必要があるため、新規登録者は本人確認のために物理的に立ち会う必要があるとされています。

この新しい規則が導入されると本人確認プロセスがより厳格化されることになると予想されますが、それと同時に「タイのIDカードを持たない外国人投資家がタイ国内の暗号資産取引所にアクセスするのを防げる可能性がある」とも報じられています。

バンコクポストの報道によると、タイの暗号資産取引所「SatangCorp」の共同創設者兼ディレクターであるPoramin Insom氏は、この新しい規則は9月に発効する予定だと述べたとされています。

「急増する新規口座開設」が抑制される可能性

報道によると、昨年末時点で16万程度だったタイの暗号資産取引所アカウント数は2021年4月26日時点で「69万7,780」にまで急増しているとのことで、現在は多くの暗号資産取引所が新規登録者への対応に追われていると報じられています。

しかし、Poramin Insom氏は新しい規則の導入について『新しい本人確認方法が採用された場合には新規口座開設の申請プロセスが複雑になるため、新規登録者の急増は抑制される可能性がある』と語っています。

なお、規制当局はこの仕組みを「100,000バーツ(約35万円)以上のゴールド取引」にも導入しようとしているとも報告されており、『バンコクにある一部の金商人はすでにID検証のためにディップチップマシンを活用している』と報じられています。

>>「Bangkok Post」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

新型コロナ影響下で「暗号資産への期待・関心」増加【bitFlyerアンケート調査】

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

仮想通貨FX取引所「CryptoGT」CARDANO(ADA)の取り扱い開始|レバレッジ最大200倍!

仮想通貨FX取引所「CryptoGT」CARDANO(ADA)の取り扱い開始|レバレッジ最大200倍!

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

セクシー女優 波多野結衣さんのNFTカード、本日22時から「DoDo」で販売開始

セクシー女優 波多野結衣さんのNFTカード、本日22時から「DoDo」で販売開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す