canow:社会人女子ラクロスチーム「FUSION」のファントークン発行へ

by BITTIMES

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開している「canow株式会社」は2021年5月12日に、東日本クラブリーグ1部に所属する社会人女子ラクロスチーム「FUSION(フュージョン)」とパートナー契約を締結したことを発表しました。FUSIONは今回の提携を通じて公式ファントークンを発行し、ファントークンやSNSなどを活用したデジタルマーケティングを行なっていく予定だと報告されています。

こちらから読む:DMMビットコイン、"OMGのレバレッジ取引"提供へ「国内ニュース」

canow:女子ラクロスチーム「FUSION」と提携

canow株式会社は2021年5月12日に、東日本クラブリーグ1部に所属する社会人女子ラクロスチーム「FUSION(フュージョン)」との間で"ファントークンの発行"について合意し、ファントークンやSNSなどを活用したデジタルマーケティングに向けたパートナー契約を締結したことを発表しました。

また、今回の発表の中では『FUSIONのビジョン、クラブ活動とそれらの活動を通したCSR・SDGs等の取り組みに賛同し、2021シーズン(2021年4月1日〜)からクラブスポンサー契約を締結した』ということも報告されています。

canow株式会社は「FUSION」との今後の取り組みについて、ファントークン発行を軸にSNSやクラウドファンディングを活用したデジタルマーケティング支援を実施することによって、FUSIONの安定したチーム運営やより幅広いファン獲得に必要な資金を生み出す新しい収益モデルの創出を支援していくと説明しています。

YELLtumを活用して「新たな収益モデル」を創出

日本ではラクロスの人気が急速に高まってきており、その中でも女子ラクロスの日本代表は2019年開催の「U19世界選手権大会」で5位に入賞するなど世界でも活躍しています。

FUSIONは『ラクロス全日本選手権大会でも優勝経験のある強豪チーム』として全国的に高い知名度を有していますが、これまではチームメンバー負担による部費でのチーム運営を余儀なくされていたため、そのような負担が「実力のある選手獲得によるチーム強化」や「競技・チームの認知度を上げる活動」などの妨げになっていたとされています。

スポーツ×トークンの分野で世界をリードしている「Socios.com」とも業務提携している「canow」は、地域創生に取り組む日本国内のスポーツチームなどがチームトークン(地域通貨)を発行できるファンマーケティングツール「YELLtum」を開発しており、2021年夏の公開に向けて実証実験を進めているため、「YELLtum」などを活用することによって、FUSIONの新たな収益モデルを創出することができると期待されています。

なお「YELLtum」で発行された『チームトークン』の保有者は、様々なインセンティブを受けれるだけでなく、チームトークンを「YELLコイン」に交換して加盟店での決済に使用したりすることができるようになっています。YELLコインの決済手数料の一部は自分が応援しているチームに還元される仕組みとなっているため、ファンの人々はYELLコインによる支払いで地域店舗とチームの両方に貢献することができます。

canow株式会社は「FUSION」と行う今後の取り組みの概要として以下のような項目を挙げています。

  • FUSIONの公式ホームページ製作
  • チーム公式Twitter、Instagramなどの SNS 戦略設計および導線整理
  • チーム公式 note の立ち上げ、運用サポート
  • クラウドファンディング支援
  • 「YELLtum」を活用したファントークンの発行
  • 「YELLtum」の運用サポート
  • FUSIONのユニフォームスポンサー

「FUSION・canow」代表者のコメント

「FUSION」の主将である拔井 愛海選手と、「canow」のCOOである大坂 亮平氏は、今回のパートナー契約について次のようにコメントしています。

【FUSION:拔井 愛海氏】
私達FUSIONは、日本のラクロスを日本の文化として広めて行くようなチームであれるよう、ミッションには『FUSIONから日本の文化を創る』を掲げています。そして、「変化」を恐れずに、新たな取組にも積極的に「挑戦」し、全てのものを「融合」し、一人一人の「多様性」を大切にすることで「FUSIONから日本ラクロスの文化を創る」という理念を持っています。今回のYELLtum導入はラクロス界だけでなく、スポーツ界でも画期的な取り組みで、新たなサポーターやラクロスのファンの増加、ラクロスの普及にも貢献していきたいと強く思っています。

【canow株式会社:大坂 亮平氏】
社会人女子ラクロスは他スポーツのプロリーグと比較すると知名度はまだまだ低いかもしれませんが、こういったアマチュアスポーツにおける収益源の確保、安定した運営基盤の構築こそが「YELLtum」が大きく貢献できる領域だと考えています。そのうえでFUSIONにも我々のプロダクトやビジョンを含め「YELLtum」の導入を決定頂いたことに感謝するとともに、ラクロス界の発展や競技者の増加にも尽力していきたい。

YELLtum(エールタム)はすでに複数のスポーツチームで導入されることが決定しており、2021年6月1日には「ブランドサイトの公開」が予定されています。参画チーム・団体については順次発表を行う予定だとされており、YELLtumのティザーサイトで地域通貨導入を希望するチームのアンケート企画を実施していることも報告されています。

>>「YELLtumのティザーサイト」はこちら
>>「canow株式会社」の公式発表はこちら
>>「FUSION」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

BINANCE:P2P取引サービスで「制裁対象となるロシアの銀行」を削除

BINANCE:P2P取引サービスで「制裁対象となるロシアの銀行」を削除

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す