BINANCE:GMO Trustの日本円ステーブルコイン「GYEN」取扱いへ

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年5月12日に、GMOインターネットの連結会社「GMO-Z.com Trust Company, Inc.(GMO Trust)」が発行する日本円に価値が連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」の取扱いを開始することを発表しました。

こちらから読む:日本向けカラオケアプリ、SOMESING公開「暗号資産」関連ニュース

「BTC/GYEN」と「USDT/GYEN」の取引ペアを提供

BINANCE(バイナンス)は2021年5月12日に、GMOインターネットの連結会社「GMO-Z.com Trust Company, Inc.(GMO Trust)」が発行する日本円に価値が連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」の取扱いを開始することを発表しました。

GYENは「GMO Trust」が発行する"米国銀行法規制を遵守した世界初の日本円連動 ステーブルコイン"であり、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による規制のもとで、毎月100%法定通貨によって裏付けられていることを外部の公認会計士によって公的に監査されています。

GYENの取引は日本時間2021年5月12日16時00分から開始される予定となっており、提供される取引ペアは「BTC/GYEN」と「USDT/GYEN」の2種類となっています。なお、現在は取引開始前の準備として「GYENの入金受付」がすでに開始されていると報告されています。

「GMO Trust」のCEOである中村 健太郎氏は、BINANCEへのGYEN上場について次のようにコメントしています。

「バイナンス」は、暗号資産取引の先駆者として、ブロックチェーンエコシステムに革新的なソリューションを構築してきました。世界で最も取引されている通貨・ペアの一つである日本円をデジタル化し、この資産を「バイナンス」の法人および個人ユーザーのエコシステムに提供することは、暗号資産が主流になりつつあることを象徴していると考えています。

なお、今年2月にはグローバルに仮想通貨取引サービスを提供している大手暗号資産取引所「Liquid Global(リキッド・グローバル)」もGYENの取扱いを発表しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「GMOインターネット」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ACミラン:暗号資産取引所「BitMEX」とスポンサー契約|ユニフォームにロゴを掲載

ACミラン:暗号資産取引所「BitMEX」とスポンサー契約|ユニフォームにロゴを掲載

Terra(LUNA)創設者のDo Kwon氏、USTペッグ崩壊後初のメディア出演

Terra(LUNA)創設者のDo Kwon氏、USTペッグ崩壊後初のメディア出演

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

コインチェック:取引所APIで「Post Only機能」提供開始

コインチェック:取引所APIで「Post Only機能」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す