米国連邦議会下院で「ステーブルコイン関連の規制法案」通貨発行で承認が必要に?

by BITTIMES

米国連邦議会下院でステーブルコインのようなデジタル決済手段によってもたらされるリスクから消費者を保護することを目的とした新しい法案である「Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement(STABLE)」が提出されたことが明らかになりました。この法案が成立した場合には、既存のステーブルコインを含めた様々なステーブルコインにより厳しい規制が適用される可能性があります。

こちらから読む:BTCが貯まる"Visaクレジットカート"発行へ「暗号資産」関連ニュース

ステーブルコインに厳しい規制が適用される可能性

米国連邦議会下院で提出された「Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement(STABLE)」は、ステーブルコインのようなデジタル決済手段によってもたらされるリスクから消費者を保護することを目的とした新しい法案であり、民主党を代表する低数の議員によって提出されています。

この法案では『米ドルなどの従来の法定通貨に価値が連動したステーブルコインは、新たな規制上の課題を提起すると共に、市場・流動性・信用リスクを増大させる原因になる可能性がある』ということが指摘されており、新しい法律でステーブルコインの発行・利用を規制することによってそれらのリスクから消費者を守ることができると説明されています。

具体的な規制内容としては『ステーブルコイン発行者は"銀行設立許可書"を取得する必要がある』ということが記されており、『ステーブルコインを発行する場合は、連邦準備制度・連邦預金保険公社(FDIC)・銀行規制当局からの承認が必要である』とも説明されています。

また『承認獲得後もそれらの機関から継続的にシステミックリスクに関する監査を受ける必要がある』ということや『ステーブルコイン発行者はFDIC保険に加入するか、米ドルに簡単に交換できるよう準備金を持つ必要がある』ということも説明されているため、ステーブルコインを発行・運営するためのハードルが高くなる可能性があると予想されます。

規制対象となるのは「米ドルやその他の法定通貨に裏付けられた全てのステーブルコイン」だと報告されているため、法案が成立した場合には、USDCを発行するCircle社、USDTを発行するTether社、GUSDを発行するGemini社、さらには複数のステーブルコイン発行を計画している「Diem(旧:Libra)」などといった多くの企業・団体に影響が及ぶことになると考えられます。

ステーブルコインはすでに世界中の様々な暗号資産取引所に上場しており、最近ではステーブルコインを活用した新しいサービスなども続々と発表されていますが、それと同時にステーブルコインを厳しく規制しようとする動きも出てきているため、それらの規制内容には注目が集まっています。

>>「STABLE法案の概要」はこちら
>>「STABLE法案の内容」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月16日〜22日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月16日〜22日

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す