英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

by BITTIMES

英国のウェスト・ミッドランズ州警察が、大麻(マリファナ)農場の捜査を行なっている際に違法なビットコインマイニング施設を発見して約100台のマイニング機器を押収したことが地元メディア「Birmingham Live」の報道で明らかになりました。このマイニング施設は、仮想通貨マイニングの電力を補うために数千ポンド(数十万円)相当の電力を盗んでいたと報告されています。

こちらから読む:米コンビニ大手、仮想通貨決済対応へ「暗号資産」関連ニュース

マリファナ栽培の捜査中に「違法マイニング施設」を発見

イングランドのウェスト・ミッドランズ州警察は2021年5月18日に、同州の工業都市であるティプトンにある工業団地で違法なビットコインマイニング施設を発見し、約100台の仮想通貨マイニング機器を押収したと伝えられています。

ウェスト・ミッドランズ州警察は元々、同地域の麻薬密輸ルートに関連していると見られる"大麻(マリファナ)農場"の捜査を行なっていたとのことで、建物に出入りする人などを1日中観察してドローンを用いた熱量調査などを行なった結果「建物に広範囲の換気設備や配線があること」や「建物から大量の熱が発せられていること」などを掴んでいたと報告されています。

室内でマリファナ栽培を行う際には大量のライト・暖房・換気設備などが必要となるため、警察はこれらの調査結果に基づいて『この施設は違法なマリファナ農場である』と判断して家宅捜査を実施したものの、実際に施設内で見つかったのはビットコインマイニングなどに使用される「Antminer S9」というマイニングマシンだったとされています。

その結果「マリファナ栽培」に関連していると見られていた換気設備・配線・放出熱などが「仮想通貨マイニング」に関連したものであることが発覚しました。英国では仮想通貨マイニングは違法とされていないため、この時点では問題はなかったものの、ここで新たな問題点が発覚します。

マイニング施設では「数十万円相当の電力盗難」が発覚

問題となったのは「このマイニング施設で使用されていた電力の供給源」であり、調査を行なった結果、電力供給源から電気を盗むための違法なバイパス回路が組まれ、数千ポンド(数十万円)相当の電力が盗まれていたことが発覚したと報告されています。

ビットコインなどのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれるコンセンサスメカニズムを採用している仮想通貨ではマイニングを行う際に大量の電力が必要となるため、多くのマイナーは"より電気代が安い地域"を探し求めており、一部の違法なマイナーは今回のケースのように"特別な接続機器などを用いて電力を盗む"といった方法でマイニングコストを抑えています。

電力が違法に盗まれていたことが発覚したため、今回発見されたマイニング機器はすでに押収されているものの、警察がマイニング施設を訪れた際には施設に誰もいなかったため犯人は逮捕されていないとのことです。

なお、今後は法律に基づいてマイニング機器を永久に押収することを検討するとともに、施設に関連する所有者への問い合わせなども行われる予定だと報じられています。

ウェストミッドランズ警察のJennifer Griffin(ジェニファー・グリフィン)巡査部長は、今回の事件について次のようにコメントしています。

私が知る限り仮想通貨のマイニング自体は違法ではありませんが、盗電は明らかに犯罪です。私たちは確認された機材を押収しましたが、犯罪収益法に基づいてそれらを永久に差し押さえることも検討しています。家宅捜査時には誰もいなかったため犯人は逮捕されていませんが、所有者に問い合わせを行うことを予定しています。

>>「Birmingham Live」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨マイニングで効率良く稼ぐ方法とは?

仮想通貨マイニングで効率良く稼ぐ方法とは?

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

ステーブルコインへの「自動監視機能組み込み」を提案:国際決済銀行(BIS)

ステーブルコインへの「自動監視機能組み込み」を提案:国際決済銀行(BIS)

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

注目度の高い仮想通貨ニュース

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す